ファッション

「ティファニー」がケンドリック・ラマーと“いばらの冠”を製作 ダイヤ8000石で総カラット137超

 「ティファニー(TIFFANY & CO.)」はこのほど、アーティストのケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)とコラボレーションした“クラウン・オブ・ソーンズ(いばらの冠)”を製作した。ラマーは、イギリスの大規模野外音楽フェス「グラストンベリー・フェスティバル」のヘッドライナーとして6月26日に出演し、クラウンを着用して登場した。

 同作品はラマーと、彼と長年のコラボレーターで、pgLangの共同設立者でもあるデイヴ・フリー(Dave Free)が「ティファニー」に依頼し、ニューヨークの工房で4人の職人たちが10カ月をかけて製作した。

 “クラウン・オブ・ソーンズ”の重さは約200gで、チタン素材で14個の鋳造部品を一つのピースに組み立てた。ダイヤモンドは8000石以上、総カラットは137を越え、バラをイメージしたトゲは計50本にもおよぶ。

 同作品は「ティファニー」を代表するデザイナーの一人であるジャン・シュランバージェ(Jean Schlumberger)が、入社前の1947年に製作した“いばら”ブローチからインスピレーションを得ている。“クラウン・オブ・ソーンズ”は宗教的図像の象徴として広く認識され、芸術面での優れた能力、謙虚さ、忍耐力を表す隠喩になっているという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら