ファッション

「ティファニー」のイベントにBLACKPINKのROSEやガル・ガドットが参加 ロンドンで展覧会を開催

 「ティファニー(TIFFANY & CO.)」は6月9日、イギリス・ロンドン上陸150周年を祝う展覧会“ヴィジョン&ヴァーチュオシティ(Vision & Virtuosity、先見と技巧)”のオープンを前に、会場のサーチ・ギャラリー(Saatchi Gallery)でイベントを開催した。

 イベントには、「ティファニー」のグローバルアンバサダーを務めるBLACKPINKのROSE(ロゼ)や、4月に同ブランドのハイジュエリーキャンペーンに起用された俳優のガル・ガドット(Gal Gadot)らのセレブが多数来場。ガルは「ジバンシィ(Givenchy)」による“ティファニーブルー”のドレスを着用した。イギリス出身の俳優フローレンス・ピュー(Florence Pugh)は「エミリア ウィックステッド(EMILIA WICKSTEAD)」の黒いセパレートドレスで登場したほか、三吉彩花の姿も見られた。また、「ティファニー」を擁するLVMH モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON)のベルナール・アルノー(Bernard Arnault)会長兼最高経営責任者の次男である、アレクサンドル・アルノー(Alexandre Arnault)=ティファニー プロダクトおよびコミュニケーション部門エグゼクティブ・バイス・プレジデントも参加した。

 同展では、ブランドが所蔵する400点以上のアーカイブを7つのチャプターで展示。映画「ティファニーで朝食を(Breakfast at Tiffany's)」のオリジナル脚本、“ブルー ブック”ハイジュエリーコレクション、近年取得した80カラット超の“エンパイア ダイヤモンド”、128.54カラットの世界最大級の“ティファニー ダイヤモンド”などを通じて、ブランドのアイデンティティーやヘリテージ、クリエイティブの影響力を伝える。開催は6月10日から8月19日まで。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら