ファッション

「ティファニー」が400点以上のアーカイブを展示するエキシビジョンをロンドンで開催

 「ティファニー(TIFFANY & CO.)」は、イギリス・ロンドン上陸150周年を祝うエキシビジョン“ヴィジョン&ヴァーチュオシティ(Vision & Virtuosity)”を6月10日から8月19日までサーチ・ギャラリー(Saatchi Gallery)で開催する。

 同展では、ブランドが所蔵する400点以上のアーカイブを7つのチャプターで展示。創業者チャールズ・ルイス・ティファニー(Charles Lewis Tiffany)の歴史をはじめ、ジャン・シュランバージェ(Jean Schlumberger)やエルサ・ペレッティ(Elsa Peretti)ら同ブランドのデザイナーの代表作、伝説的なウィンドーディスプレーや『ティファニーで朝食を』のオリジナル脚本、“ブルー ブック”ハイジュエリーコレクション、近年取得した80カラット超の“エンパイア ダイヤモンド”、128.54カラットの世界最大級の“ティファニー ダイヤモンド”などを通じて、ブランドのアイデンティティーやヘリテージ、クリエイティブの影響力を伝える。

 また、開催を記念したカタログも同展のギフトショップとオールド・ボンド・ストリート店で発売する。160ページにも及ぶカタログでは、創業者チャールズの息子でジュエリーデザイナーとして活躍したルイス・コンフォート・ティファニー(Louis Comfort Tiffany)やジャン・シュランバージェ、エルサ・ペレッティ、パロマ・ピカソ(Paloma Picasso)、ジョン・ローリング(John Loring)、同ブランドのウィンドーを数多く手掛けてきたジーン・ムーア(Gene Moore)など、「ティファニー」に影響を与えた人々の作品を通じて、同展のハイライトを紹介している。サイズは2サイズ展開。ギフトショップでは、ほかにもダニエル・アーシャム(Daniel Arsham)らアーティストとコラボレーションしたアパレルやグッズも販売する。

 アンソニー・ルドリュ(Anthony Ledru)=ティファニーCEOは同展について、「最も由緒あるラグジュアリージュエラーのひとつである『ティファニー』の比類なき物語を、約200年におよぶパイオニア精神あふれるクリエイティビティーとクラフトマンシップ、最高級のダイヤモンドとジェムストーンの調達力を通してつづるのが、このエキシビションだ。“伝統と革新の橋渡し”という私たちの長年のレガシーを表現する本展で、『ティファニー』の世界観とハイジュエリーにおける唯一無二のスタイルを堪能してもらいたい」と語る。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら