ファッション

「ルイ・ヴィトン」の親会社、21年の売上高は8兆円を突破 コロナ禍前と比べても20%増収

 LVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON以下、LVMH)の2021年12月通期決算は、売上高が前期比43.8%増の642億1500万ユーロ(約8兆2195億円)、営業利益は倍以上(同115.1%増)の171億5500万ユーロ(約2兆1958億円)、純利益は約2.5倍(同155.9%増)の120億3600万ユーロ(約1兆5406億円)と増収増益だった。

 19年比でも売上高は19.6%増、営業利益は52.1%増、純利益は67.8%増とコロナ禍以前を上回る結果となっている。

 部門別の売上高では、スターブランドの「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」と「ディオール(DIOR)」を抱える主要事業のファッション・レザーグッズ部門が前期比45.6%増の308億9600万ユーロ(約3兆9546億円)と好調だった。前述の2ブランドに加えて、「セリーヌ(CELINE)」はエディ・スリマン(Hedi Slimane)=アーティスティック、クリエイティブ&イメージディレクターの、「フェンディ(FENDI)」はキム・ジョーンズ(Kim Jones)=ウィメンズ・アーティスティック・ディレクターのコレクションが好評で、それぞれ過去最高の売り上げとなったことも寄与しているという。

 ウオッチ&ジュエリー部門も、2.5倍以上(同167.1%増)の89億6400万ユーロ(約1兆1473億円)と非常に好調だった。その理由の一つとして、20年12月に総額158億ドル(約1兆8012億円)で買収したティファニー(TIFFANY & CO.)が記録的な売り上げとなり、業績に大きく貢献したことが挙げられる。

 香水&コスメティクス部門は同25.9%増の66億800万ユーロ(約8458億円)、ワイン&スピリッツ部門は同25.6%増の59億7400万ユーロ(約7646億円)だった。免税店のDFSや化粧品のセレクトショップ、セフォラ(SEPHORA)などを運営するセレクティブ・リテール部門は、同15.7%増の117億5400万ユーロ(約1兆5045億円)だった。

 ベルナール・アルノー(Bernard Arnault)LVMH会長兼最高経営責任者(CEO)は、「世界的な健康被害から徐々に回復する中、素晴らしい業績を上げることができて大変うれしく思っている」と語るとともに、昨年11月に急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)「ルイ・ヴィトン」メンズ・アーティスティック・デザイナーにも言及。「21年は、ヴァージルというクリエイティブの天才が死去した悲劇的な年でもある。彼の先見性や豊かな才能、深い見識は当グループの歴史に永遠に刻まれている」と哀悼の意を示した。

 なお、ヴァージルの後任について、マイケル・バーク(Michael Burke)=ルイ・ヴィトン会長兼CEOは、「時間をかけて決めるべきことなので、急いではいない」と米「WWD」との独占インタビューで述べている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら