ファッション

「ティファニー」の広告にビヨンセとジェイ・Zが登場 バスキアの初公開作品も

 「ティファニー(TIFFANY & CO.)」は23日、ビヨンセ(BEYONCE)とジェイ・Z(Jay-Z)を起用した最新キャンペーン広告を公開した。夫婦そろってキャンペーンに登場するのはこれが初めて。「アバウト ラブ(About Love)」と題したキャンペーンとして、9月2日に英国版「ハーパーズ バザー (Harper's BAZAAR)」でデビューする。キャンペーン動画も15日からニューヨークのタイムズスクエアの巨大スクリーンや「ティファニー」公式サイトなどに登場する予定だ。

 キャンペーンでは、ビヨンセは1877年に南アフリカで発掘された128.54カラット82ファセットに輝く「ティファニー」ダイヤモンドを着用。活動家のメアリー・ホワイトハウス(Mary Whitehouse)とオードリー・ヘップパーン(Audery Hepburn)、レディー・ガガ(Lady Gaga)に次いで、世界で4人目となる。

 「ティファニー」ブルーで描かれた画家のジャン・ミシェル・バスキア(Jean-Michel Basquiat)の作品も、同キャンペーンで初めて披露目された。「イコールズ・パイ(Equals Pi)」と題したバスキアの作品は、1982年に制作したもの。コレクターの手元にあった同氏の作品を「ティファニー」が買い取り、今回広告への登場が実現した。

 アレクサンドル・アルノー(Alexandre Arnault)=「ティファニー」プロダクツ&コミュニケーションエグゼクティブ バイスプレジデントは、「バスキアがこの作品を『ティファニー』のために製作したという文献が残っているわけではないが、彼がニューヨークやラグジュアリー、ジュエリーに愛を持っていたことはよく知っている。この絵は偶然ではないと思っている。このブルーはとても特徴的な色だし、(ブランドへの)オマージュだと感じる」とコメントする。

 同広告の公開後も「ティファニー」は、1年にわたって短編映画や動画も公開する。中には映画「ティファニーで朝食を」の主題歌「ムーン・リバー(Moon River)」をビヨンセが歌う動画も収録。ミュージックビデオのようにジェイ・Zがフィルムカメラでビヨンセを撮り下ろし、ビヨンセのビジュアルアルバム「ブラック・イズ・キング(Black is King)」を撮影・編集したエマニュエル・アジェイ(Emmanuel Adjei)監督も制作に携わった。またビヨンセとジェイ・Zとパートナーシップを結び、ヒストリカリー・ブラック・カレッジズ・アンド・ユニバーシティズ(Historically Black Colleges and Universities)の奨学金およびインターンシッププログラムに200万ドル(約2億1000万円)を贈る。

 20年末にLVMH モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON以下、LVMH)傘下となった「ティファニー」では、ブランドイメージの刷新を進めている。1月に新体制を迎えて以来アルノー=エグゼクティブ・バイス・プレジデントは、これまでのブランドの歴史を現代的にアップデートしつつ、ブランドのさらなる進化を図る。母の日やバレンタインデーだけにとらわれない発信を強化するほか、若い消費者へのアピールとして“脱・ママのためのティファニー(Not Your Mother’s TIffany)”をスローガンに掲げる。

 ビヨンセとジェイ・Zの起用理由については、「ビヨンセは世界最高の歌手で、ジェイ・Zは世界最高のラッパー。そしてわれわれも世界最高のジュエリー会社。このキャンペーンは、何か1つでも欠けたら実現しないものだった。2人とも『ティファニー』に希望を寄せており、一緒になってストーリーを伝えたいと思った。キャンペーンを通してファミリーの一員として迎えることができて光栄だ」と語った。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら