ファッション
特集 メディア特集2023 第4回 / 全6回

媒体を精査しながらアティチュードを発信 ハースト婦人画報社「ハーパーズ バザー」編集長が語る「私たちのイベント」

有料会員限定記事

メディアのイベントの目的は、メディア自体のように千差万別。新たな出会いから、既存読者との繋がり、そして一方通行ではないデジタルコミュニケーション、社会課題に向き合ったアティチュードの発信まで幅広い。そして、目的に応じてコンテンツまで「編集」できるのがメディアの強みだ。各社は、何を目的に、どんなイベントを開いたのか?(この記事は「WWDJAPAN」2023年11月27日号からの抜粋です)

ハースト婦人画報社「ハーパーズ バザー」

松田麻衣子/ハースト婦人画報社 「ハーパーズ バザー」編集長

松田麻衣子/ハースト婦人画報社 「ハーパーズ バザー」編集長

ハースト婦人画報社の「ハーパーズ バザー(Harper's BAZAAR)」は今秋、日本版の創刊10周年を祝うパーティーと、アートにフォーカスした特別号に関するトークショーという大小2つのイベントを開催した。

創刊10周年を祝うパーティーは、「世界を動かす女性を、もっと美しく」という「ハーパーズ バザー」のミッションにフォーカス。会場に国立新美術館を選び、「特別号を初お披露目して、アート界の女性たちの活躍や、まだ見ぬ次世代の才能に光を当てるというアティチュード」(松田麻衣子編集長)も体現した。

この続きを読むには…
残り779⽂字, 画像5枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。