ファッション
特集 メディア特集2023 第6回 / 全6回

読者が熱量高く語り合える集まりを作りたい 集英社「リー」編集長が語る「私たちのイベント」

有料会員限定記事

メディアのイベントの目的は、メディア自体のように千差万別。新たな出会いから、既存読者との繋がり、そして一方通行ではないデジタルコミュニケーション、社会課題に向き合ったアティチュードの発信まで幅広い。そして、目的に応じてコンテンツまで「編集」できるのがメディアの強みだ。各社は、何を目的に、どんなイベントを開いたのか?(この記事は「WWDJAPAN」2023年11月27日号からの抜粋です)

集英社「リー」

喜多佳子/集英社「リー」統括編集長

喜多佳子/集英社「リー」統括編集長

集英社の「リー(LEE)」は10月1日、創刊40周年の記念イベントを大手町三井ホールで開催した。MEGUMIのトークショーをメインとした第一部と、創刊40周年企画の「家族が笑顔になるキッチン大賞」の審査員トークショー&授賞式の第二部には、それぞれ250人の読者を招待した。

「リー」に携わって20年以上という喜多佳子統括編集長は、当時の編集長が大阪や広島なども回って1000人の読者と交流した35周年企画を振り返りながら、コロナ禍のせいで、2021年に現職に就任して以降は「『リー』が誇る読者ブロガー組織『LEE100人隊』との交流さえ、ずっとオンライン形式だった」という悔しさを長らく抱いていた。加えて喜多統括編集長は、トップに就いてから掲げた方針は「『リー』を一生愛せる雑誌に」。そこで40周年イベントを「『リー』の世界観が大好きな人たちが、熱量高く語り合える集まり」にしようと考え、オフラインで、一般読者も招くことを決めた。この規模感は、「リー」40年の歴史の中で初めてだ。

この続きを読むには…
残り680⽂字, 画像5枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。