ファッション

「無印良品」営業利益2割減 9〜2月期、衣料品の値引き増加で

 「無印良品」を運営する良品計画の2021年9〜22年2月期連結業績は、本業のもうけを示す営業利益が前年同期比19.4%減の188億円だった。衣服・雑貨の販売不振に伴い、主に国内では秋冬商品の在庫が膨らんで値引き販売が増加したため、粗利益率は1.4ポイント悪化した。

 売上高に相当する営業収益は同7.1%増の2444億円だった。期末店舗数は純増38の計1040店舗。日本では食品スーパー隣接店舗を中心に20店舗を出店し、計473店舗になった。ただ、国内で売上高の3割以上を占める衣料・雑貨の既存店売上高が同8.4%減に終わった。純利益も同27.5%減の147億円だった。

 14日にオンラインで会見した堂前宣夫社長は「衣料品はファッションの通好みの分かりにくいものになっていた」と振り返り、春夏以降はMDをテコ入れする。

 上期の不振を受けて22年8月期連結業績の予想を下方修正した。修正後は営業収益4800億円(修正前は4700億円)、営業利益380億円(同450億円)、純利益270億円(同320億円)。中国のロックダウンによって上海を中心に現在50店舗前後の休業を強いられており、その影響も加味した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。