ファッション

TSI営業利益が過去最高 22年2月期、ゴルフ「パーリーゲイツ」が貢献

 TSIホールディングスの2022年2月期連結業績は、営業利益が44億円(前期は118億円の赤字)だった。11年の会社設立後の最高益を達成した。仕入れコントロールの徹底と販管費の削減によって、当初計画に比べても大幅な増益になった。「パーリーゲイツ」をはじめとしたゴルフ事業・アスレジャー事業が41億円の営業利益を稼ぎ、婦人服やセレクトショップ事業の損失をカバーした。

 売上高は前期比4.7%増の1403億円だった。不採算事業の整理の影響もあってコロナ前の20年2月期に比べると300億円近い減収だが、値引きの抑制効果もあって、粗利益率は大きく改善した。売上高・利益ともにけん引するのはゴルフ事業で、基幹ブランドでほぼセールも行わない「パーリーゲイツ」の売上高は同48.4%増の150億円に跳ね上がった。ストリート事業の「ハフ」の売上高も同61.1%増の71億円に成長している。

 販路別ではEC(ネット通販)売上高が同2.1%減の429億円だった。店舗休業によってECが急成長した前期の反動で減収になったが、値引き抑制によって増益になった。

 構造改革には一応のメドをつけたため、今期(23年2月期)は「積極的にトップライン(売り上げ)を取りにいく」(下地毅社長)とし、売上高で前期比12.1%増の1573億円、営業利益で同66.2%減の15億円、純利益で同46.7%減の15億円を予想する。22年3月期に受給していた雇用調整助成金がなくなることと、本社移転などの一過性の費用、円安による仕入れの高騰を見込まれるため、大幅な減益になる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

アパレルは値上げする?しない? 全方位コストアップの中で有力企業の対応は?

5月16日発売の「WWDJAPAN」は、「アパレルは値上げする?しない?」にフォーカスします。すでに食品や外食、電気代などでは値上げラッシュが続いていますが、アパレル製品でも素材価格の上昇や物流費の高騰と混乱、さらには大半を輸入に頼る中での円の急落によってコストアップ圧力が大変高まっています。

詳細/購入はこちら