ファッション

TSIの「イレーヴ」がメンズをスタート “ルーツ”や“普遍性”を進化の糧に

 TSIの「イレーヴ(YLEVE)」は、2022年春夏から新たにメンズコレクションをスタートした。

 同ブランドはセレクトショップのプライベートブランドなどを手掛けてきた田口令子をデザイナーに起用し、2018年春夏に発足。過度な装飾を削ぎ落としたベーシックなデザインで、主力アイテムはメンズのテーラードをベースとしたジャケット類だ。上質な素材と国内製造にこだわり、価格帯は5万円(税込)以上。縫製においてはメンズテーラリングを得意とする工場を選んでいるが、「メンズジャケットの作り方をそっくりそのまま持ち込んでしまうと、(雰囲気が)カッチリとしすぎてしまう」(田口デザイナー)。毛芯を抜いたりパターンを曲線的にしたりといった工夫で、女性らしいエッセンスを忍ばせる。

 販路は卸売が中心で、現在の取引先は大手セレクトショップや百貨店など約40アカウント。メンズコレクションはメンズバイヤーや男性顧客の声が起点となった。力強さの中に柔らかさや抜け感が同居するムードが好評で、「展示会で『メンズがあったら買い付けたい』『僕らも着てみたい』という声が一定数あった」。実際にウィメンズの大きめのサイズを求める男性客もいたという。すでに2020-21年秋冬からベイクルーズのセレクトショップ「レショップ(L’ECHOPPE)」と協業し、メンズの別注ジャケットやカバーオール、コートなども販売し、一定の成果を得ている。

 メンズ商品のデザインはウィメンズと共通のものもあるが、見えない部分に手を加えている。「男性の骨格にフィットするようパターンを修正したり、1から引き直したりしている」。コットンとナイロン混紡のブルゾン(4万2900円)のように、当初メンズ商品として企画し、後にウィメンズのMDにも組み込んだものもある。「メンズにチャレンジしたことで、今までになかったモノづくりの発想や視点が生まれている」。

 メンズに関しては、ウィメンズで取引のある小売店などを中心に徐々に拡げる方針。田口デザイナーは「メンズファッションのルーツや普遍性を大切するマインドも学びながら、時代とともに廃れることのない、着る人の個性が引き立つ服を作っていきたい」と前を向く。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら