ビジネス

「アンドワンダー」がめざす次の頂 ロンドン出店やキャンプ場も構想

 アウトドアウエアのアンドワンダー(東京、中田浩史社長)が好調だ。2019年にTSIホールディングスの傘下に入って以降、売上高は公表していないものの、2倍の成長を遂げた。この間、TSIの経営資源を活用して直営店の出店を重ねるとともに、海外の卸先も広げてきた。アウトドアの機能性とモードのデザイン性が融合したウエアの評価は高く、伊モンクレール(MONCLER)の協業相手に選ばれるなど話題も豊富だ。デザイナーの池内啓太氏はまだ構想段階としながらも「近い将来、ロンドンに直営店を出したい」と話す。

「モンクレール」からのオファー

 「アンドワンダー(AND WANDER)」はイッセイミヤケのデザインチームで同僚だった池内氏と森美穂子氏が2011年に設立。共通の趣味である登山などのアウトドアスポーツに特化しながらも、高いデザイン性によって街着としても支持を集めてきた。

 TSI入り後、両氏はクリエイションに専念できる体制になり、販路拡大やEC(ネット通販)、生産、財務などの支援を受けることで、成長軌道にのった。直営店はもともと運営していた東京・元代々木町のほか、20年3月に名古屋のラシック、7月に渋谷のミヤシタパーク、10月に丸の内、21年3月に大阪・梅田のグランフロントへと出店を重ねた。欧米での卸売りのアカウント数は約100まで広がり、「コロナ下にもかかわらず、海外の売上高は倍増している」(中田社長)。

 そんな中で舞い込んだのが「モンクレール」との協業だった。コラボレーションプロジェクトの一つである「2モンクレール1952マン(2 MONCLER 1952 MAN)」のセルジオ・ザンボン(Sergio Zambon)氏から昨年夏に依頼を受けた。ザンボン氏は来日した際、売り場で見た「アンドワンダー」に関心を持ったという。欧州での卸先も広がり、ミラノなどの見本市にも積極的に参加していたため、現地の業界人の目に触れる機会も増えていた。

 協業商品についての打ち合わせはコロナ下のためオンラインやメールで行い、「モンクレール」のダウン、「アンドワンダー」の機能性とディテールへのこだわりなど、両者の特徴を掛け合わせたジャケットやバックパックなど10アイテムの協業商品が完成した。森氏は「こちらがリフレクターや止水ファスナーなど細かい部分の要望を出すと、それをさらに膨らませたアイデアが返ってきて、とても充実した仕事になった」と振り返る。協業商品は9月2日から世界で発売された。

 中田社長は「『モンクレール』との協業は特に海外での認知の追い風になった」と言い、欧州での直営店出店を視野に入れる。取扱店舗が最も多い英国が海外1号店の有力候補地になる。米国でも代理店を探す。

直営店は山小屋のような存在

 国内直営店が5店舗に増えたことで、消費者の声がたくさん届くようになった。サイズやフィット感への注文、何を重視して服を選んでいるか、山登りの初心者が何から買いそろえようとするか。卸売りでは見えにくい課題を知り、商品企画の精度アップにつなげる。現在はコロナで規模を縮小しているものの、顧客参加型の登山ツアーや移動販売車による出張販売を通じて、顧客とのコミュニケーションを増やしてきた。元代々木町の直営店はギャラリーを併設しており、アウトドア活動を通じて知り合ったアーティストやフォトグラファーの企画展を開くなど、山や自然の文化発信にも力を入れている。

 札幌や福岡など未進出の主要大都市の直営店出店も模索する。中田社長は「『アンドワンダー』にとって直営店は山小屋のような存在。自然にファンが集まる場であり、ブランドの発信の場として大都市には拠点を持ちたい」考えだ。

 ウエアだけでなく、キャンプ用品などのアイテムも増えているため、ブランドの世界観をトータルで表現する場も必要になってきた。池内氏は「10年前にブランドを作ったときから常に背伸びをしてやってきた。いずれは『アンドワンダー』のキャンプ場を作りたい」と構想を膨らます。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら