ファッション
特集 「起こるかもしれない」未来のファッション 第3回 / 全7回

「アンドワンダー」×神楽岡久美が想像する「雨の止まない世界」のファッション 「起こるかもしれない5つの世界」座談会Vol.1

有料会員限定記事

365日で雨が降らないのは、たった5日だけ。ザーザーとした雨は、朝から夜まで降り続き、空はどんよりとした雲に覆われているー。そんな「雨の止まない世界」における暮らしと、人々の装いはどうなるだろう?そんな視点でのディスカッションに参加したのは、防水やはっ水などの機能性とファッション性を融合する「アンドワンダー(AND WANDER)」の池内啓太デザイナーと、人間社会で生まれるさまざまな価値観の中でも「美力=美的価値」が人間を人間たらしめると考えて文化と「美力」の関係性を考察・表現するアーティストの神楽岡久美だ。 (この記事は「WWDJAPAN」2024年1月8日号からの抜粋です)

プロフィール

音から湿度まで、感覚が装いに大きな影響を与える

WWDJAPAN(以下、WWD):2人にとって「雨の止まない世界」のイメージは?

池内啓太「アンドワンダー」デザイナー(以下、池内):水たまりに入っても問題ない靴から、レインコートのようにはっ水するテーラードジャケットまで、雨の中でも快適に過ごせる洋服は既に数多い。「雨の止まない世界」と上手く付き合うこと自体は難しいことではない。一方、地球温暖化に伴い、今世紀末には世界人口の1/3が50度以上の最高気温や1日300mm以上の降雨などの気候変動に遭うリスクにさらされるという分析・予想がある。1日に300mmも雨が降ると、河川の氾濫や家の浸水といった危機に直面する。このときは、洋服の機能だけで対応するのは難しい。今後は、「体と建物の間のもの」が重要になるのではないか?登山では、普段は最低限のレイヤリングで行動し、強い雨や日差しの下では山用の軽くて機能的な傘を差したり、エマージェンシーシートを使ったりする。「体と建物の間のもの」を発想することで、未来と向き合うフェーズが来るかもしれない。

この続きを読むには…
残り1685⽂字, 画像28枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。