ファッション

「モンクレール」が日本発「アンドワンダー」とコラボ “東京の街”をイメージした機能アイテム

 「モンクレール(MONCLER)」は、セルジオ・ザンボン(Sergio Zambon)をゲストデザイナーに迎えた“2 モンクレール 1952 マン(2 MONCLER 1952 MAN)”の2021-22年秋冬コレクションから、日本発のアウトドアブランド「アンドワンダー(AND WANDER)」とのコラボレーションアイテムを9月2日に発売する。同シーズンは東京の街から着想を得たコレクションで、「モンクレール」の一部直営店と公式オンラインサイトで扱う。

 ニットのトラックスーツやリブパンツ、ブランケットをヘムにあしらったダウン、街でも履けるスリッパなど、“都会での休息”をテーマにデザインした。ダウンアイテムには、「アンドワンダー」と共同開発した軽量リフレクター素材を採用。文京区をイメージしたコンクリートグレーや、清瀬市を意識したグリーン、ブラウン、ベージュの組み合わせなど、東京の街並みをイメージしたカラーパレットも特徴だ。また、アーティストのカロ・アクポキエール(Karo Akpokiere)を起用し、「モンクレール」のロゴや新聞記事を漫画風にしたグラフィックを制作。ダウンなどにグラフィックを落とし込み、コレクションにポップなムードを加えた。その他「スイコック(SUICOKE)」とのコラボサンダルやパデッドバッグ、テディフリースのハットなどアクセサリーも豊富にそろえる。

最新号紹介