ビューティ

全国百貨店化粧品売り場リポート “ヒーロープロダクト”や“高機能性”が支持を集める(2021年1〜4月)

有料会員限定記事

 「WWDJAPAN」では、毎シーズン恒例で行っている有力百貨店への取材を2021年春夏シーズンも実施した。ビューティ編では、1~4月の化粧品売り場の商況について全国の百貨店22店舗に調査。徹底したコロナ対策によって客足は徐々に戻りつつあり、“安心感”を求める心理の高まりからロングセラーや高価格帯の製品が好調だった。メイクに対しては前向きな意見が多く、マスクニーズに合ったアイテムは緩やかな回復の兆しを見せ始めている。(この記事は「WWDJAPAN」2021年8月30日号付録の定期購読者特典「ビジネスリポート」からの抜粋です。「ビジネスリポート」にはより詳しい情報も掲載しています

心理的ハードルを下げる
安心感のあるロングセラーが好調

 二度にわたる緊急事態宣言下であった2021年1~4月の化粧品売り場の商況は、一部百貨店の営業継続や外出自粛ムードの緩和、前年の休業・時間短縮の影響もあり、全体的に前年実績をクリアした店舗が多かった。これまで免税売上高の比重が高い店舗は依然苦戦が続いたが、国内顧客の需要増から一部に改善傾向も見られた。

この続きを読むには…
残り1737⽂字, 画像18枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら