ビューティ

パナソニックの美容機器サブスク セットで試せる効果の「見える化」

有料会員限定記事

 パナソニックは「スチーマー ナノケア定額利用サービス」を2020年12月に開始した。月額3300円で、“スチーマー ナノケア”と“温感かっさ”を貸与し、2年後の契約満了時には貸与品を進呈するというもの。ユーザー層の中心は20〜60代と幅広く、若年層や男性も獲得している。(この記事は「WWDJAPAN」2021年9月6日号からの抜粋です)

この続きを読むには…
残り1011⽂字, 画像3枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら