ビューティ

肌がよみがえる?!睡眠中のぷるるん美肌マスク 【爆裂!健康美容マニア道】

 1日8食、ジャンクフード漬けの超不健康児から超健康優良児へと大変身を遂げたフリーアナウンサーの名越涼。およそ15年かけて自らの体で人体実験を繰り返してきた結果、“超絶良かったもの”だけを余すことなくお伝えする。今回は前回に続き韓国コスメをご紹介。再生医療の専門家が開発した一晩中つけられるシートマスクについて。

 どんなに夜のお手入れを頑張ったとしても、朝起きたての状態は誰かに見せられるようなものではない(涙)。少女漫画でよく見かける天使の寝顔からの起きた瞬間「おはよう♡」だなんて、アラフォーには夢のまた夢。あぁ……寝ている間にもしっかり仕上げてくれるものはないのか……と探していたところ、あった。なんと、寝るときに貼るだけでOK。翌朝ぷるんっとした肌で朝を迎えられるのだ。え?こんな簡単でいいの?!と、喜びの雄たけびをあげたアイテム。前回のコラーゲンパックに続き、最近韓国スキンケアにどハマリ中の名越がこれまた感動したマスクを紹介したいと思う。

再生医療の専門家が開発!ECMシート

 睡眠中ずっと貼ったままでOK、超絶楽ちんなスキンケアがかなえられる「ダーマルマトリックス(DERM-ALL MATRIX)」の“フェイシャルダーマルケアマスク”。なんと寝ている間に皮膚の奥の水分バランスを整えてくれるという。ジェル状の睡眠マスクは見かけることがあっても、シート状のものは初めて。「え?睡眠中ずっと?朝起きた時パリパリの砂漠状態にならない(汗)?」と、心配になるがご安心を。マスクは水分のコントロール技術が駆使されているので、一晩中保湿力が保たれるというのだ。一体全体、どうして?

 再生医療の専門家の新しい挑戦だというこのマスク。重症の火傷患者と接する中で研究を進め、人体由来の皮膚の代わりに人工皮膚素材であるECMを独自に開発することに成功。そのECMは真皮層と同じ構成成分を持ち、実際の皮膚と99%類似する天然素材だという(!)。肌が本来持っているバランス機能を回復し肌の細胞の成長環境を作ってくれるそうで、長く使用すればするほど効果を感じられるのだとか。マスクの主成分であるECM原料をはじめ、米ぬかやヨモギ、ドクダミなどの天然由来の植物成分のエッセンスがじっくりと真皮層まで浸透してくれるというのだから睡眠中はまさにぴったり!さてさて、どんなものかと袋を開けると出てくるのが、真っ白なプルンプルンのマスク。水分をたっぷり含んでいてもっちりうるうる。そう、これはまるで……鍋に入れるコラーゲンゼリーのようなおいしそうなプルプル感……(表現へたか)。

 夜のスキンケアが終わったら、ゆっくり貼っていく。マスクは顔の上半分用と下半分用に分かれていて、隙間なく密着させることができる。(これはうれしい♡)プルンプルンでピターッと肌に密着するこの感触は初めてで、とっても気持ちがいい。シートはハサミで簡単に切れるので、自分の顔に合わせて無駄なく貼っていこう。ぴったり貼れたらあとは眠るだけ。それでは、おやすみなさい。

朝起きて驚愕!保湿と角質ケアのダブル効果

 目覚めてまず驚くのが「シートが透明になってる!」ということ。皮膚が透けて見えるなんて想像できないほど真っ白だったのに、その面影がすっかりなくなっている。さらに感動するのはこの密着力。寝相はそれほどいいわけではない名越の睡眠中、どの部分も剥がれることなくしっかりと肌に残っていた。そして写真をよくご覧いただきたい。透明、というよりほんのり黄ばんでいるのが分かるだろうか。そう、このマスク、保湿と同時に角質ケアまでしてくれるのだ。つまり黄ばんでいるのは、古い角質(汗)。「ギャー!」と叫びたくなるほどマスクにしっかりとキャッチされているではないか。肌をしっかりと保湿しながら、剥がすときには古い角質と不要な皮脂をさよならしてくれるだなんて。本当に優秀すぎるのだけど、黄ばんだマスクで100年の恋も冷めてしまう恐れがあるので、くれぐれもマスクを外す時は恋人がいないところでね♡。

 さて、使用後にまず感じるのは肌のしっとり感。角質ケアのおかげか、肌触りが柔らかくてとっても気持ちがいい。化粧のノリはもちろん良くて、頬もふっくら、自然な艶がうれしい。朝一番に肌が元気だと、その日1日なんだかご機嫌♪大切な日の前日はもちろん、お手入れが面倒な日も、これさえあれば超・簡単に美肌ケア。寝る前だけじゃない、寝ている間もしっかりケアして韓国美肌を目指したい。


名越涼/フリーアナウンサー。香港出身。福井と愛知のテレビ局アナウンサーを経て独立。司会やライター、セミナー講師、企画・プロデュースなど幅広く活躍するパラレルワーカー。趣味・特技は手作り発酵食、食文化研究、ヨガ(歴15年)、eスポーツと農業にも精通

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら