ビューティ

韓国のコラーゲンスキンケアの進化が超絶すごい【爆裂!健康美容マニア道】

 1日8食、ジャンクフード漬けの超不健康児から超健康優良児へと大変身を遂げたフリーアナウンサーの名越涼。およそ15年かけて自らの体で人体実験を繰り返してきた結果、“超絶良かったもの”だけを余すことなくお伝えする。今回はうる艶肌になる韓国発の純度100%コラーゲンパックについて。

 昨今、韓国発スキンケア製品の日本進出が止まらない。路面店でもインターネットでもどこでも気軽に手に入るようになり、そのクオリティーの進化もとどまることを知らない。「え、この品質でこの値段?!」というコスパの良さから名越のスキンケアシリーズでもどんどん韓国産が増えている。そんな中で最近、そのクオリティーに感動したスキンケアアイテムがある。キーワードは「コラーゲン」(うん、大好きな言葉♡)。食品で、サプリメントで、化粧品でとこれまでさまざまな方法でコラーゲンをとってきたけれど、そのどの記憶も塗り替えてしまうアイテムと出合った。美肌大国・韓国の実力を感じるアイテムを紹介したいと思う。

塗って剥がすだけ!純度100%のコラーゲンパック

 そもそもタンパク質の一種であるコラーゲンは私たちの体のさまざまな場所に存在していて、大切な役割を担っている。皮膚や骨、血管などを構成し、骨を丈夫にしたり肌のハリを保ったりと、健康面でも美容面でも欠かせないとても重要なもの。顔の皮膚だけに注目してみると、真皮は70%がコラーゲンによって構成されている。表皮の内側でハリや弾力を支えてくれているのだ。しかし、年齢を重ねるにつれて体内のコラーゲン量は減少(泣)。さらに、紫外線や乾燥でもダメージを受けてしまうため、あれよあれよという間にシワやたるみがこんにちは。だからこそ、日々のケアでコラーゲンをこまめに取り入れることがとても大事なのだ。

 そこで登場するのがこちら。「ドクターシムフルスティック(Dr. SIMFLE STICK)」の“ステックブラック プレミアム T1 コラーゲン100マスク”。塗って剥がすだけ、純度100%のコラーゲンがたっぷり配合されたパックである。体内にあるおよそ30種類のコラーゲンの中で、皮膚に最も含まれるⅠ型コラーゲン。医療の現場での創傷治癒の促進でも活用されるこのⅠ型コラーゲンが、なんと全成分の67%も配合されている。さらにコラーゲンの形成を促進するというサーモンDNAも含まれている、なんともぜいたくなパックだ。これだけじゃない。そのありがたい成分を肌に素早く浸透させるために超低分子化させ、長時間とどまってくれる技術も駆使されたという……いわば、革新的なアイテム。年々失われていく肌のキメ・弾力・水分。あのころにタイムスリップできるのか……韓国産の実力、とくとご覧あれ。

まるでアンパンマン?!驚きのピカピカ肌

 洗顔をして基礎化粧品で肌を整えたら準備完了。パックは少し粘りけのある真っ白なクリームなので、素早くヘラで伸ばしていくのがポイント。まんべんなく塗ったら放置することおよそ30分。


 全体が乾いたら、下からゆっくり剥がしていく。乾燥させてもカピカピにならないので剥がすときの痛みはゼロ。それにしても、なんだか脱皮している気分。


 「……!」(驚)なんと、剥がしたところからうる艶肌がこんにちは。「え?アンパンマンなの?」と思わず笑ってしまうピカピカ感。とはいえ、表面的にギトギトした感じはなく、内側からしっとりと潤っているような気持ちよさなのだ。肌がふわっとしていて触り心地のいいこと。もちろん、翌日の化粧ノリもばっちり。たった30分でこんなに肌が喜ぶなんて……。韓国のスキンケアの底力を体感したのだった。それからというものすっかりこのパックにハマり、疲れたときのご褒美に、大事な仕事の前日にと大活躍。この“リアルアンパンマン肌”、ぜひ、あなたも味わってみてほしい。


名越涼/フリーアナウンサー。香港出身。福井と愛知のテレビ局アナウンサーを経て独立。司会やライター、セミナー講師、企画・プロデュースなど幅広く活躍するパラレルワーカー。趣味・特技は手作り発酵食、食文化研究、ヨガ(歴15年)、eスポーツと農業にも精通

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら