ビューティ

クリニックレベルの効果!?「ジ オーディナリー」で攻めのスキンケア【爆裂!健康美容マニア道】

 1日8食、ジャンクフード漬けの超不健康児から超健康優良児へと大変身を遂げたフリーアナウンサーの名越涼。およそ15年かけて自らの体で人体実験を繰り返してきた結果、“超絶良かったもの”だけを余すことなくお伝えする。今回は世界中の美容オタクをとりこにするプチプラスキンケア「ジ オーディナリー」について。

 SNSで最新のスキンケアを探しているときによく登場し、気になっていたブランドがあった。それが、カナダ発の「ジ オーディナリー(THE ORDINARY)」。成分主義でストイックな処方、それでいてプチプラ。世界中の美容オタクをとりこにしてきた実力派スキンケアブランドだ。自分に必要と感じる成分を選んで使用できることから“美容の玄人向け”とも呼ばれるこのシリーズ。これは試してみるっきゃないわ……!と、使い始めて1カ月経過した今を、ここに報告する。

プチプラなのに、すごい実力

 SNSでバズリ、海外では絶大なる人気を誇る「ジ オーディナリー」(日本は未上陸)。一つ一つの濃度が高いゆえ、複数アイテムを使うときの順番や併用不可の組み合わせなど使用には注意が必要で、ある程度の美容知識と経験のある人向きとされている。が、きちんと決められた方法さえ守れば「あ、これ、すごいわ」を体感でき、その実感の早さにも驚くだろう。かくいう私がそれ。この1カ月、着実に肌触りが変化しているのに感動する日々。今回は、「美白」と「たるみ」をキーワードに選んだアイテムを紹介しよう。

毛穴きゅっ&もっちもち

 まずは朝のスキンケアから。洗顔後はまず1〜3の美容液を使い、クリームでしっかり保湿。日焼け止めは必ず使用すること。

1、“ビュッフェ(BUFFET)”
 「ジ オーディナリー」の中で人気No.1を誇るアイテム。数種類のペプチドを配合した総合美容液で、シワやたるみの改善、コラーゲンの生成を促すことが期待できる成分がたっぷり、およそ25%という高濃度で配合されている。使い続けるうちに肌がふんわり、お気に入りの1本。

2、“ナイアシンアミド10%+ 亜鉛1%(NIACINAMIDE10%+ZINC1%”
 完売続出の人気アイテム。ナイアシンアミドはビタミンB3が含まれていて、毛穴の引き締めや肌の血行を促す作用に期待。すっと肌になじみ、もちっとした肌触りに。

3、“アルファアルブチン2%+ヒアルロン酸(ALPHA ARUBUTIN2%+HA)”
 アルファアルブチンはハイドロキノンの一種。色素沈着の抑制作用、肌のトーンの改善に。日本では1%が標準だが、その2倍のアルブチンが含まれる高濃度の美容液。

目覚めたときのぷるん、ツヤっ

 続いて夜のスキンケア。翌朝目覚めるのが楽しみになる、ビタミンCを中心にしたラインアップ!

1、“エチル化アスコルビン酸15%溶液(ETHYLATED ASCORBIC ACID15%SOLUTION)”
 ビタミンC誘導体の一つ。従来のビタミンC誘導体とは違い、皮内代謝しなくても効果を発揮できるのが特長。水を含まない溶液で、肌につけた瞬間ほんのり温かく感じる。

2、“アルファアルブチン2%+ヒアルロン酸(ALPHA ARUBUTIN2%+HA)”
 併用不可でないため、夜も使用。

3、“ビタミンCサスペンション23%+ヒアルロン酸2%(VITAMIN C SUSPENSION23%+HA SPHERES2%)”
 水とシリコンを使用しない、23%のL-アスコルビン酸が含まれる高濃度なクリーム。パウダー状のビタミンCが入っているため、ザラッとした使用感。最初は結構ピリピリするので、スクワランなどと混ぜて使うのがオススメ。ビタミンCによる抗炎症や抗酸化作用が期待でき、翌朝目覚めたときの「トゥンッ」とした肌に心が躍ったアイテム。

4、“100%植物由来のスクワラン(100% PLANT-DERIVED SQUALANE)”
 エコサート認証済みの100%純粋なスクワラン。肌の保湿効果をはじめ、皮膚を柔らかく保ち、バリア機能を高める働きが期待できる。サラサラしていて使いやすく、とってもしっとり。併用不可なしなので使いやすさ◎。

 併用不可の組み合わせなどについては「ジ オーディナリー」を展開するデシエムのホームページでチェックしてみてほしい。成分がかなりアグレッシブに凝縮されているので、パッチテストを行ってから使うと安心。暑さと梅雨でダルダルになりがちな今こそ、攻めのスキンケアで“目覚める”ような体験を、ぜひ。


名越涼/フリーアナウンサー。香港出身。福井と愛知のテレビ局アナウンサーを経て独立。司会やライター、セミナー講師、企画・プロデュースなど幅広く活躍するパラレルワーカー。趣味・特技は手作り発酵食、食文化研究、ヨガ(歴15年)eスポーツと農業にも精通

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら