ビューティ

ぷるるん美肌へ エステのハイフもここまできた!最新レポ【爆裂!健康美容マニア道】

 1日8食、ジャンクフード漬けの超不健康児から超健康優良児へと大変身を遂げたフリーアナウンサーの名越涼。およそ15年かけて自らの体で人体実験を繰り返してきた結果、“超絶良かったもの”だけを余すことなくお伝えする。今回は肌のたるみやハリにアプローチするハイフについて。

 小顔施術で有名なKADOMORIがプロデュースした最新の美容マシーンが登場した。その名も「HIFU.com」。ハイフ(HIFU)と美顔器がセットになっていて、理想の小顔にデザインしてくれるだけでなく、お肌のお手入れも同時にかなえられるという。今やクリニックでもセルフでも受けられるようになったハイフ。ご多分に漏れず名越もハイフは経験済みで、クリニックで受けられる高価なものからお手頃なセルフまでやってみた。確かに効果は感じるものの、クリニックは高くて痛いし、セルフは何度も通うのがなぁ、と足が遠のいていたのだ。ちょうどその間にあるのが、もしかしたら今回のハイフなのかもしれない。しかし、ぶっちゃけ、エステのハイフってどうなんだ?その実力を確かめにやってきたのは、表参道にあるエステサロン「ENAYAA.」。では早速、いってみよう!

小顔を“デザイン”する最新マシーン

 たるみといえばハイフ、と近年人気の施術。そもそもハイフとは高密度の超音波エネルギーのことで、たるみの真皮層に向かって点状に熱を当てていくもの。熱によって収縮したコラーゲンを修復しようとコラーゲンそのものが増殖するため、肌のハリUPが期待できる。さらに、真皮層よりも深い筋膜層にまで熱エネルギーが届くため、劣化していた筋組織などが刺激され、新しい筋繊維に生まれ変わるのを促してくれる。その作用でゆるんでいたたるみが引き上がり、リフトアップ効果を得られるというわけ。うれしいことに、この「HIFU.com」はヘッドが小さく細かく当てることができるため、名越のように「顔は小さくなりたいけど、頬はこけさせたくない……」という人にも対応できるという。引き締め箇所によっては「え?やつれた?」という疲れ顔になりかねないから、これはとてもうれしい。そしてもう一つ、美顔器が思った以上にすごい。筋肉を動かすだけでなく、中高周波で真皮層まで刺激できるというパワーがあり、コラーゲンやヒアルロン酸など、これまでできなかった高分子を導入することも可能だという(すご!)。肌の土台を整えた後にお肌磨きとリフトアップ維持ができるだなんて、胸アツすぎるでしょ。

とにかく痛くない!新感覚ハイフ

 KADOMORIの東京店を除き、都内で唯一「HIFU.com」を導入しているプライベートサロン「ENAYAA.」。完全予約制で、ゆったりした時間の中で自分磨きを楽しむことができる。さて、今回、名越が受けたのは「デザインHIFU+LED美顔器+ヒト幹細胞導入」のメニュー。ハイフといえば骨に響くような鈍い痛みが印象的で、「オシャレは我慢♡」ばりに「きれいは我慢♡」と気合いを入れないと途中で心が折れてしまいそうだった記憶が。このハイフは、果たして。

 「当てていきますよ〜」というサロンのお姉さんの声と同時にスタート。「……ん?あれ?全く痛くないんですけど、もう始まってますよね?」と思わず聞いてしまったほど、痛みが、ほぼ、無い(驚)。レベルを1つ上げてもらったもののわずかに骨に響く程度。とてつもなく楽なのだけれど痛みやつらさを感じてなんぼの昭和世代の名越としては心配になって「これ、効いてますよね……?」と、確認。「大丈夫ですよ〜。私も受けてますけどしっかり結果が出てますから」というお姉さんの言葉に一安心。痛みが苦手な人にとってはパラダイスなハイフが登場したものだ。

 あっという間にハイフが終わり、ヒト幹細胞高分子美容液を顔全体に塗布していざ、美顔器へ。この美顔器が……最高に気持ちいい……!小さいお魚さんたちに顔を優しく吸われているような、心地よい吸引力。それは初めて味わう感覚で、あまりの気持ちよさに「これ欲しい」と言ってしまったほど。「化粧水や美容液を肌に浸透させようとしたときに、手だと10%、通常のイオン導入だと60%しか導入できないと言われていますが、この美顔器は80%なんですよ〜」というお姉さんの言葉に「まじですか!」と心躍らせている間に終了。触ってびっくり。え、何このお肌の感触。

ぷるんぷるんの最上級“ぶるんぶるん”

 写真をご覧あれ。ぷるんぷるん、の最上級があるとしたら、それはきっと“ぶるんぶるん”だろう……そんなことを考えてしまうほど、お肌がもちもちのアンパンマンに変身している。遠目で見ても光っているのが分かるくらい、内側からの潤いがすごい。恐るべし、美顔器パワー!


 恒例のビフォー・アフター写真がこちら。顔全体がきゅっとまとまりバランスが良くなったのが分かる。特に顎にかけての引き締まりに感動。頬がこけることなく、理想の顎ラインを手に入れることができた。「これから1週間かけて、もっと引き上がってきますからね〜」というお姉さん。そうか。ハイフはこれで完成じゃなく、ゆっくりさらに引き上がっていくのね。それ、楽しみすぎるやないかい!エステのハイフもついにここまできたか。気軽に行けるアットホーム感と納得の仕上がり。自分だけの隠れ家サロンで、きれいに磨きをかけて初夏を迎えましょ♡

ENAYAA.
東京都港区南青山4-17-51
Est Largo OMOTESANDO 301

名越涼/フリーアナウンサー。香港出身。福井と愛知のテレビ局アナウンサーを経て独立。司会やライター、セミナー講師、企画・プロデュースなど幅広く活躍するパラレルワーカー。趣味・特技は手作り発酵食、食文化研究、ヨガ(歴15年)eスポーツと農業にも精通

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら