ファッション

「エアークローゼット」の春夏のレンタル人気アイテムと秋冬の提案は?

有料会員限定記事

 エアークローゼットはオフィススタイルに定評のある月額制レンタルサービスだ。会員それぞれの希望や好みを考慮しつつ、スタイリストが毎月数点のアイテムを発送。一定期間着用して返却できるが、購入もできる。そんなエアークローゼットは、どんな人が利用し、どんなアイテムが好評なのか。膨大なデータを読み解き、提案の精度アップを図る同社の天沼聰社長と鈴木遥PR担当に聞いた。

WWD:主な顧客像は?

天沼:20代後半から60代まで幅広く利用されているが、メインは30〜40代。9割以上が働く女性で、仕事で忙しくなってきて時間がなくなっている方や、子育てが始まってファッションにかける時間が少なくなってしまって、物選びがマンネリ化してしまっているという方が多い。時間がない中でもトレンドアイテムが楽しめたり、幅広いブランドやアイテムに出合えたりが求められているようだ。

WWD:会員数は非公開だが、コロナ禍でのビジネスの推移は?

この続きを読むには…
残り1213⽂字, 画像3枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら