ファッション

「アパレル業界人はもっと遊んだ方がいい」 絶好調「パーリーゲイツ」創設者のブランド論

有料会員限定記事

 「パーリーゲイツ(PEARLY GATES)」をはじめとしたTSIホールディングスのゴルフウエアが売れている。5ブランドの上期(21年3〜8月期)の売上高は110億円で、コロナ前の一昨年と比べて19%伸びた。TSIの稼ぎ頭というだけでなく、契約プロの活躍とともにゴルフ界での存在感も年々高まる。ゴルフ事業を30年以上にわたって率いて、「パーリーゲイツ」をナンバーワンブランドに導いた仙座学・執行役員に躍進の背景を聞いた。

WWD:ゴルフウエアは30年以上前に仙座さんがゼロから作り上げた事業だ。

仙座学TSIホールディングス執行役員(以下、仙座):私が(旧サンエー・インターナショナル時代に)「パーリーゲイツ」を立ち上げたのが1989年だった。社内でゴルフが流行りだしていたけど、心から着たいと思えるかっこいいウエアがない。それなら自分たちで作ろうとしたのがきっかけ。おかげさまでプロアマ問わずたくさんのゴルファーの支持を集めて、その後「マスターバニーエディション(MASTER BUNNY EDITION)」「ジャックバニー(JACK BUNNY)」「セントアンドリュース(ST ANDREWS)」「ニューバランスゴルフ(NEW BALANCE)」「ピン(PING)」へと広がった。ゼロから始めて、これだけお客さまに長く愛されるブランドに育てた自負はある。

WWD:ゴルフ人口はピークに比べて3分の2以下。パイが縮む中で成長できた理由は?

この続きを読むには…
残り2717⽂字, 画像2枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら