ファッション

軒並み2ケタ増の「スナイデル」 販売員を影で支える“課長”の仕事とは?

有料会員限定記事

 魅力的な販売員を多く抱えるブランドには、売り場と本部をつなぐ“人”の存在が欠かせない。毎年恒例の「WWDJAPAN」販売員特集は、これまで販売員に光を当ててきたが、今回(11月8日号)は販売員を裏で支える影の存在にも注目。ルミネ新宿店を筆頭に、軒並み売り上げ2ケタ増をマークしている「スナイデル」のキーパーソンに話を聞いた。

 横内真由美課長は、全国の「スナイデル」31店(FC店舗を除く)の店長および販売員を、トレーナー5人とともにマネジメントしている。「店に伝えたいことを彼女たちがまとめて店に落とし、逆に店から上がってきている声をまとめて本社企画やプレスに伝えるといった、まさにキーとなる存在だ」と鈴木努レディス営業本部本部長。その横で「いえいえ、そんな」と謙遜する横内課長は、グイグイと皆を引っ張るタイプではなく、人をリラックスさせる穏やかな雰囲気の持ち主。「フレイ アイディー」での実績を買われ、コロナ下の2020年5月に現職に就任した。

 仕事は非常に多岐にわたる。商品企画の検討会に参加し、売り場に足りないものやお客さまの声を伝える一方で、企画担当者のモノ作りへの思いを販売員に伝える。MD構成のマップに目を通して、足りないものなどを意見したり、ディストリビューターと在庫や店舗ごとの商品デリバリーを細かく調整したり、EC担当やPR担当など、全部署と連携している。この人に聞けばブランドのことは何でも分かる、全部署のハブのような存在だ。

この続きを読むには…
残り1917⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“衣食住働遊”を掲げ、5年で売上2.5倍! 躍進するスノーピークの秘密

5月23日発売の「WWDJAPAN」は、スノーピーク特集です。アウトドアメーカーとして知られる同社は、今最も勢いのある企業のひとつ。コロナによる自然回帰の流れもあり、2021年12期の売上高は過去最高の257億円を達成し、ここ5年で2.5倍に成長しています。キャンプ道具だけでなく、アパレルや住まい、温浴施設、オフィス開発など、“衣食住働遊(どう・ゆう)”を掲げた多様な事業でアウトドアの価値を発信し…

詳細/購入はこちら