ファッション

ゴルフウエアにフォローの風 30代の新規参加者が増える

有料会員限定記事

 ゴルフウエアが売れている。コロナ下で3密にならないレジャーとしてキャンプと並ぶ人気を集めており、コロナ前の2019年の販売実績を上回るブランドも珍しくない。マーケットを引っ張るのは30代の比較的若い新規参加者たち。かつての担い手だった団塊世代の高齢化に伴い、じわじわと縮小していたゴルフ市場にとっては久々にフォローの風が吹く。今ゴルフウエア市場はどう変化しているのか。(この記事はWWDJAPAN2021年11月1日号から抜粋しました)

 国内有数の売上高を誇る新宿の小田急百貨店ゴルフウエア売り場の3〜9月実績は、2020年比で45%増、19年比で15%減だった。緊急事態宣言が明けた10月以降、来店数が尻上がりに回復している。吉岡将吾フロアマネージャーは「このペースならコロナ前の19年度の販売実績に届くかもしれない」と、単価の高い秋冬商戦に期待を寄せる。

 今年の宣言中でも同店のゴルフウエア売り場は手堅かった。「(外出自粛で)新宿はフリーのお客さまは減っていたが、富裕層のお客さまの動きが活発だった。海外旅行などを控える代わりに、ゴルフを楽しむ方が増えた」と分析する。ラグジュアリーブランドや時計・宝飾の好調と同じ背景だ。特に30代の若い新規参加者が増えたという。

 日本のゴルフ人口は2000年代前半に比べて3分の2以下。最大の担い手だった団塊世代の高齢化と新規参加者の減少のためだ。20年のコロナの初期の頃は大打撃を受けたが、次第に3密を避けたレジャーとして注目を集める。矢野経済研究所のゴルフウエア市場規模調査によると、20年は大幅な下げ幅になったものの、21年は急回復の見通しだ。

この続きを読むには…
残り1311⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。