ファッション

ユナイテッドアローズがゴルフの新レーベル “グッドマナーな本気のゴルフウエア”を提案

 ユナイテッドアローズ(以下、UA)は、オリジナルのゴルフウエアを取り扱う新レーベル「ユナイテッドアローズ ゴルフ(UNITED ARROWS GOLF)」を2021-22年秋冬シーズンからスタートする。11月6日からUA 六本木ヒルズ店で先行発売と受注会を行い、11月26日からUA 11店舗やオンラインストアで一般販売する。

 同社によると、ゴルフは感染リスクの低い屋外型アクティビティとして注目が集まっており、UAのスタイルにあったゴルフウエアを求める声が多くあったことから、今回の企画開発に至ったという。「ユナイテッドアローズ ゴルフ」では、メンズとウィメンズのオリジナルウエアを中心に、一部セレクト商品をそろえ、“グッドマナーな本気のゴルフウエア”を提案する。

 21-22年秋冬シーズンでは、オリジナルのミッドレイヤーベスト(税込2万4200円)やポロシャツ(同1万7600円)、ウォームスラックス(同2万4200円)、キャップ(同8800円)など約25アイテムをラインアップする。アウターは袖丈をやや短めに設定し、スイングを妨げないよう工夫したほか、ポロシャツもスイング時のストレスが少ないシルエットを採用するなど、デザイン性だけでなく機能面も用途に合わせて仕上げた。

 先行発売と受注会を行うUA 六本木ヒルズ店では、税込2万円以上の「ユナイテッドアローズ ゴルフ」購入者を対象に、オリジナルロゴ入りの数量限定「テーラーメイド(TAYLORMADE)」製ゴルフボールをプレゼントする。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら