ビジネス

ユナイテッドアローズが酒の販売を開始 夏を意識したオリジナルの日本酒も製作

 ユナイテッドアローズは13日、ユナイテッドアローズ 原宿本店と東京・青山の「エイチビューティ&ユース(H BEAUTY&YOUTH)」で酒の販売を開始した。店内の一部に「ユナイテッドアローズ ボトルショップ(UNITED ARROWS BOTTLESHOP)」と名付けたコーナーを設け、国内外からセレクトした日本酒とクラフトビールを中心に、酒蔵と製作したオリジナルの日本酒なども販売する。

 同企画は、社内でも酒好きとして知られる鈴木貴至ディレクターの社内コンペでの提案がきっかけで始動した。鈴木ディレクターが全国の酒蔵やブリュワリーを巡り、作り手の思いに共感した商品を提案していく。鈴木ディレクターは「お酒もファッションと同じで、生活に豊かさを与えてくれるもの。作り手のクリエイティビティを楽しみながら、季節やライフスタイルの変化に合わせて味わってほしい」と話す。

 コラボ企画の第一弾は、鈴木ディレクターが以前から大ファンだったという栃木県・さくら市にある1806年創業の酒蔵「仙禽」と日本酒2種を製作した。鈴木ディレクターの「夏らしさを感じられるテイストに」といった要望を元に、爽やかなりんご酸を効かせたにごり酒(各税込2500円)を用意した。当初は店頭販売を予定していたが、予想以上の反響があったため抽選販売へと切り替えた。

 今後は定期的にラインアップを入れ替えるほか、酒蔵とコラボしたオリジナルの酒やグッズなども販売する予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら