ビジネス

阪急阪神、そごう・西武など デパ地下の入場を制限

 コロナの感染拡大を受け、百貨店各社が食品フロアの入場制限に乗り出した。

 阪急阪神百貨店は13日、阪急うめだ本店の食品フロア(地下1、2階)で混雑する13時から19時までの入場制限を始めた。これまでも出入り口を集約する措置をとってきたが、さらに踏み込んで、入口を1階の正面エントランスだけとし、JR大阪駅や地下鉄と直結する地下フロアは出口に限定することで、入店客数をコントロールする。店内のエレベーターは地下に止まらないようにした。必要に応じて入場を止める。

 同社は同じ大阪・梅田で運営する阪神梅田本店が7月末から8月にかけて従業員のクラスターが発生し、8月19日まで食品フロアの休業を余儀なくされている。「追加対策を徹底することで、お客さまと従業員にとって安心安全な環境を維持する」(同社広報)

 そごう・西武はあす14日から西武池袋本店、西武渋谷店、そごう横浜店、そごう千葉店など首都圏店舗で食品フロアへの入場制限を始める。同社は8月3日から全店の生鮮売り場で買い物かごの除菌機を導入している。

 高島屋、大丸松坂屋百貨店、三越伊勢丹も14日から混雑状況を応じた入場制限を始める。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

MDの仕事を徹底解剖 3ブランドのMDに密着取材

「WWDJAPAN」2024年6月10日号は、MD(マーチャンダイザー)の仕事を特集します。一般的に「商品計画や販売計画を立てる人」と認識されていると思いますが、実際はどんな仕事をしているのか。これまで光を当てることがなかった、知られざる仕事の全貌を紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。