ビジネス

阪急阪神、そごう・西武など デパ地下の入場を制限

 コロナの感染拡大を受け、百貨店各社が食品フロアの入場制限に乗り出した。

 阪急阪神百貨店は13日、阪急うめだ本店の食品フロア(地下1、2階)で混雑する13時から19時までの入場制限を始めた。これまでも出入り口を集約する措置をとってきたが、さらに踏み込んで、入口を1階の正面エントランスだけとし、JR大阪駅や地下鉄と直結する地下フロアは出口に限定することで、入店客数をコントロールする。店内のエレベーターは地下に止まらないようにした。必要に応じて入場を止める。

 同社は同じ大阪・梅田で運営する阪神梅田本店が7月末から8月にかけて従業員のクラスターが発生し、8月19日まで食品フロアの休業を余儀なくされている。「追加対策を徹底することで、お客さまと従業員にとって安心安全な環境を維持する」(同社広報)

 そごう・西武はあす14日から西武池袋本店、西武渋谷店、そごう横浜店、そごう千葉店など首都圏店舗で食品フロアへの入場制限を始める。同社は8月3日から全店の生鮮売り場で買い物かごの除菌機を導入している。

 高島屋、大丸松坂屋百貨店、三越伊勢丹も14日から混雑状況を応じた入場制限を始める。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら