ビジネス

松屋銀座が“ノンビアガーデン” 夏の風物詩、酒類停止で見直し

 松屋銀座本店は、夏の風物詩である屋上ビアガーデンを21日から“ノンビアガーデン”に切り替える。7月12日からの4回目の緊急事態宣言下での酒類の提供停止を受け、ビールなどアルコールの提供をやめる。その上で、幅広い層が楽しめるように夕方からだった営業開始を正午に前倒しにする。テーブル席の鉄板を使って自分で肉や野菜を調理できるBBQバーガーや素材を厳選したかき氷などの新メニューも加える。

 同店は2013年から「美しくなるビアガーデン」の名称で、栄養バランスを考え抜いたーベキューセットや料理によるビアガーデンを開催してきた。今年は感染防止対策を講じた上で、6月28日に2年ぶりに再開。だが緊急事態宣言の再発令で7月12日以降は休業を余儀なくされていた。

 酒類の提供停止を受けて、ターゲットを夏休みの家族連れなどにも拡大して、屋上で開放的な食事の環境を提供する。120分ノンアルコールドリンク飲み放題付きの「スタンダードBBQコース」は1人4000円。ドリンク付きのBBQステーキバーガーセットは2000円、「抹茶白玉あんこ」「いちご」「マンゴー」のかき氷は980円で提供する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら