ファッション

スタバの「キャロットケーキ」 コーヒーの豆かすをニンジン栽培に再利用

 スターバックスコーヒー ジャパンは、新商品「キャロットケーキ」の販売をオンラインストアで6月23日から始めた。材料にコーヒーの豆かすを再利用したたい肥で栽培したニンジンを用いる。12.5cmのパウンド型で、価格は3240円。

 パウンドケーキとフロスティングの二層構造。生地にはスパイス、ナッツ、ニンジン、フルーツを混ぜ込み、野菜とフルーツの自然な甘みが感じられるため、コーヒーとよく合う。オンラインストアのみの販売で、販売はなくなり次第終了する。冷凍で届けられる。

 スターバックスの1店舗で1日あたり約16kgのコーヒーの豆かすが排出される。同社は2014年から豆かすのリサイクルに取り組んできた。現在、関東や関西の計320店舗から出る豆かすを再利用し、野菜を育てるたい肥や牛のエサにしてきた。豆かすのたい肥で作った野菜はサンドイッチの具材に用いて、エサで育った乳牛のミルクはドリンクの材料になっている。同社では、豆かすのリサイクル率を現在の23%から3年後には50%に引き上げる目標を掲げている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら