ファッション

三越伊勢丹やマルニ木工、「メゾン ミハラ ヤスヒロ」などが新参加 第6弾「パスザバトン マーケット」が開催

 スープストック トーキョー(SOUPSTOCK TOKYO)などを運営するスマイルズは12月11〜12日、「パスザバトン マーケット(PASS THE BATON MARKET以下、PTBM)を東京・品川のコクヨ品川キャンパスで開催する。『PTBM』は、衣食住、さまざまな企業の倉庫に眠っているデッドストックや規格外品などを日本各地から集めた蚤の市。“もったいないをなくす”企業にとっても、消費者にとってもメリットのあるイベントだ。4月に開催した第4弾では、3588人が来場し1万4897点を販売し、10月の第5弾では5168人が来場し、2万4829点を販売するなど、毎回パワーアップしている。

 第6弾の今回は、全53 社が参加。三越伊勢丹や中川政七商店、『メゾンミハラ ヤスヒロ(MAISON MIHARA YASUHIRO)』、家具の『マルニ木工(MARUNI)』などが初出店する。前回好評だったインテリア家具のコーナーで廃番の生地を使用した“ヒロシマ”アームチェアをはじめ、『無印良品/イデー(MUJIRUSHI/IDEE)』などの商品を販売。2階では、全国各地からおいしいものを集めた『パスザバトンの食料品店』や旬八青果店、石川・金沢の銘酒などを販売する「福光屋」、北海道発人気スイーツ「プレスバターサンド(PRESS BUTTER SAND)」などが参加。「パスザバトンの食料品店」では、賞味期限が近い物や規格外品、包材に傷があるものなど、まだおいしく食べることのできる食品を販売する。

 また、1階のワークショップエリアでは「西海陶器」による器の転写ワークショップや「ジラフ(GIRAFFE)」のネクタイ生地を使用した缶バッチ、「コクヨ」のオリジナルフレーム作りなど、親子で楽しめるワークショップを開催する。

 人気のアパレル関連は、「ユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS)」「アーバンリサーチ(URBAN RESEARCH)」「MHL.」などが出店。初出展の三越伊勢丹からは、伊勢丹新宿本店1階のライフスタイルのコンセプトショップ「イセタン シード」「イセタンリーフ」が参加する。

 入場料300円(小学生以下、無料)で来場事前登録が必要。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら