ファッション

“もったいない”をなくす第7回「パスザバトン マーケット」が4月16~17日に東京・品川で開催 グリーンや花なども販売

 スープストック トーキョー(SOUP STOCK TOKYO)などを運営するスマイルズによる「パスザバトン マーケット(PASS THE BATON MARKET以下、PTBM)」が4月16、17日に東京・品川のコクヨ品川 ザ キャンパスで開催される。今回の開催は7回目。

 「PTBM」は、“もったいない”をなくすをテーマに掲げ、ファッション、インテリア、雑貨、食品などの規格外のデッドストックや賞味期限が近いがおいしく食べることができる食品などを販売する蚤の市だ。今回の出展者数は53。ファッションでは「アバハウス インターナショナル(ABA HOUSE INTERNATIONAL)」や「ユナイテッド アローズ(UNITED ARROWS)」などが出展。今回は、「カリモク家具(KARIMOKU)」や「ディーン&デルーカ(DEAN & DELUCA)」「ジノリ1735(GINORI 1735)などの初出展に加え、『ソルソ ファーム(SOLSO FIRM)』や『フラワーズ ネスト(FLOWERS NEST)』『ときいろ(TOKIIRO)』などのグリーンやフラワーも豊富にそろう。

 衣・食・住、さまざまな企業の倉庫に眠っているデッドストックや規格外品など、『PTBM』だから出会えるモノが日本各地から集まる2日間だ。会期中には、親子で楽しめるワークショップなども開催(要予約)。入場料は300円(小学生以下、無料)。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

異業種・同業種のタッグが加速! ビューティ業界サステナ事情

5月30日発売の「WWDJAPAN」は、「“連携・連帯”でサステナビリティを推進する化粧品業界」を特集します。サステナビリティ経営が必須となる今、化粧品業界でも環境への配慮や社会貢献などの動きが活発化しています。その中で、切磋琢磨する企業がサステナブル領域でアライアンスを組むなど“連携・連帯”が加速し、課題解決に乗り出す気運が高まっています。そこで本特集は“連携・連帯”をテーマに、同業者・異業…

詳細/購入はこちら