ファッション

ユナイテッドアローズが銀座と青山の店舗を相次いで閉店

 ユナイテッドアローズは、7月31日にユナイテッドアローズ 銀座店、8月1日にユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストアの営業を終了する。ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストアは19年9月のオープンで、2年足らずでの閉店となる。閉店の理由について同社は「不採算店舗の見極めの一環」、当該店舗に代わる新店の予定については「特にない」と答えた。

 ユナイテッドアローズ 銀座店はマロニエゲート銀座1の1階・地下1階からなり、メンズとウィメンズを扱う。「ユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS)」のほか、「ソブリン(SOVEREIGN)」「アンルート(EN ROUTE)」「イウエン マトフ(AEWEN MATOPH)」「ロエフ(LOEFF)」などをラインアップする。

 ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストアは、当時ユナイテッドアローズ傘下にあったイタリアのレザーブランド「フェリージ(FELISI)」の青山本店跡地にオープンした。ユナイテッドアローズ業態として、初の青山エリア出店店舗で、ウィメンズを訴求する位置付けにあった。1階にカフェバー「ユーエー バー アオヤマ(UA BAR AOYAMA)」を併設することも特徴だったが、同店も同日閉店する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら