ファッション

「三井アウトレットパーク大阪門真」をパトロール 天井の高いブランドストリート風演出に注目!

 三井不動産は4月17日、大阪・門真に「三井アウトレットパーク(MOP)大阪門真」をグランドオープンした。同日オープンの「ららぽーと門真」と同施設にあり、「MOP大阪門真」は施設の2階、「ららぽーと門真」が1、3階という作り。この記事では「MOP大阪門真」を紹介、総店舗面積約2万200㎡にファッション41店舗、服飾雑貨27店舗、スポーツ・アウトドア19店舗、生活雑貨・キッズ・飲食11店舗の計98店舗が出店している。

 「MOP大阪門真」は、オープンから28年が経過し、建物が老朽化した「MOP大阪鶴見」から移転し、広さ・店舗数ともに大幅な拡大が図られた。「『MOP大阪鶴見』は64店舗の小ぶりな施設だったので、店舗を増やし、増床したとしても、ハード的にも質的にも限界があった」と、三井不動産の若林瑞穂 常務執行役員商業施設本部長は振り返る。

 MOP大阪鶴見から移転した店舗は40店舗。「アディダス(ADIDAS)」「ナイキ(NIKE)」「モンベル(MONT-BELL)」などのスポーツ・アウトドアブランドや、「コーチ(COACH)」「マイケル・コース(MICHAEL KORS)」など海外ブランドが並ぶ。「ららぽーと門真」の1、3階に比べ、「MOP大阪門真」の2階は天井をより高く設定。また、各店のファサードにはあえてガラスサッシュを施し、洗練された統一感を出した。店舗のブレードサインが連なることで、アウトレットならではのブランドストリートのような雰囲気にしている点も特徴だ。「アウトレットに来たというスイッチをお客さまに入れてもらうことが必要。アウトレットの店舗というと昔は倉庫型が多かったが、最近はブランドの世界観を出していこうというテナント側の意向でプロパー店に近いクオリティーになってきている」(若林本部長)。

 セレクトショップが多数出店している点も「MOP大阪門真」の見所の一つ。「ビームス・アウトレット(BEAMS OUTLET)」は、アウトレットレーベルを中心にメンズ、ウィメンズ、キッズを取り扱い、什器で区画を作るなど売り場内に変化をつけることで回遊性を高めたという。従来のアウトレットの店舗とは異なり、ゆっくり買い物を楽しんでもらえるよう、大きめのソファも用意。装飾のある広いフィッティングルームでは、SNS用などの写真撮影も可能だ。「アウトレット市場でも競合ブランドが増え、商品以外の付加価値が求められる時代。フォトブースやガチャガチャなどを設け、買い物だけでなく、遊びにきてもらえるような空間にした。大阪鶴見のときは地域に根ざした店だったので、ここでも地元客にファンになってもらいたい」と、小川康介店長は話す。

 「ユナイテッドアローズ アウトレット(UNITED ARROWS OUTLET)」は、関西のアウトレットでは4店舗目の出店。約330平方メートルの店内には、「ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ(BEAUTY & YOUTH UNITED ARROWS)」と「ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング(UNITED ARROWS GREEN LABEL RELAXING)」を中心にメンズ、ウィメンズを揃え、アウトレットオリジナルも約3割を占める。今回のようなアウトレットとプロパーの複合施設への出店は、「南町田グランベリーパーク」に次ぐ2店舗目。「普段の生活に密着したお客さまの来店が非常に多いのが、アウトレットとプロパーの複合施設の魅力。門真は大阪市内に近く、『ユナイテッドアローズ』を知っているお客様も多いエリアなので、そういった人に足を運んでほしい」(永楽浩ユナイテッドアローズ アウトレット本部部長)という。

 ベイクルーズグループの「ベーセーストック(B.C STOCK)」は、関西のアウトレットで4店舗目(閉店店舗を除く)。約495平方メートルの店内にメンズ、ウィメンズ、雑貨をそろえ、アウトレットオリジナルは約5割を占める。「大阪の都心から近く、京都南部や奈良からの集客も期待できる。プロパーとアウトレットの複合施設であること、ベーシックなアイテムを多く展開しているので、幅広い客層を想定している」(南一樹店長)。

ブランドの世界観が楽しめるカフェも出店

 バロックジャパンリミテッドが展開するシューズブランド「スタッカート(STACCATO)」は日本のアウトレット初出店。半年間の期間限定だが、「好評であれば、常設を検討していく」(大島雅美スタッカート事業部事業部長)。これまでは「シェルター(SHEL’TTER)」業態の一部のアウトレットで取り扱っていたが、「マウジー(MOUSSY)」や「スライ(SLY)」といったブランドの中に埋もれてしまっていたという。また、百貨店の婦人靴売り場を中心に展開しているため、SCの客層の間で認知を高め、同時に在庫を消化するのが出店の狙い。「『MOP大阪門真』は大阪市内から近く、近隣に『コストコ(COSTOCO)』もオープン予定なので、集客力のある売れるアウトレットだと期待している」(大島部長)。

 ゴルフブームと言われる中、「MOP大阪門真」はゴルフブランドも集積している。ジュンはゴルフブランドの主力「ジュン&ロペ(JUN & ROPE)」と、アクティブウエアの「ナージー(NERGY)」を複合で期間限定出店。ゴルフゾーンを盛り上げている。

 ショッピングを楽しむ中での休憩スポットとして、カフェも導入。「ポロ ラルフローレン ファクトリーストア(POLO RALPH LAUREN FACTORY STORE)」に近接する「ラルフズコーヒー」(RALPH’S COFFEE)」は、大阪初出店で国内7店舗目。ラルフ・ローレン(Ralph Lauren)が自ら厳選したコーヒー豆を使ったオリジナルブレンドやスイーツ、グッズのほか、店内で抽出したコーヒーを使ったソフトクリームを日本で初めて提供する。マッシュスタイルラボの人気ブランド「ジェラート ピケ(GELATO PIQUE)」によるカフェ業態「ジェラート ピケ カフェ(GELATO PIQUE CAFE)」も出店。オープン記念として、数量限定でジャムやクレープチケットなどが入った5000円相当のラッキーバッグを税込2970円で販売する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。