ファッション

大阪・門真のパナソニック工場跡地に「ららぽーと門真」開業 「三井アウトレットパーク」との初の複合施設

 三井不動産は4月17日、大阪・門真に「三井ショッピングパーク ららぽーと門真・三井アウトレットパーク 大阪門真」をグランドオープンする。パナソニックの工場跡地に建設した地上1〜4階建て施設の1、3階が「ららぽーと」で、2階が「三井アウトレットパーク」、4階が庭園という作り。「ららぽーと」と「三井アウトレットパーク」の複合施設は今回が初で、「日常から非日常のニーズまで、ワンストップでの買い物をかなえる」(若林瑞穂 三井不動産常務執行役員 商業施設本部長)。

 「ららぽーと」には153テナントが出店。目玉は3階に出店した日本再上陸後常設1号店の「フォーエバー21(FOREVER 21)」や、大阪の台所と呼ばれるミナミの商店街、黒門市場公認の1階フードコート・食物販の「黒門市場」など。

 2階の「三井アウトレットパーク」は、3月12日に閉館した「三井アウトレットパーク大阪鶴見」を移転・拡張リニューアルしている。売り場面積テナント数は34店増えて98店となった。「ポロ ラルフローレン(POLO RALPH LAUREN)」「マイケル・コース(MICHAEL KORS)」などの外資ブランドや国内セレクトショップ、スポーツブランドなどがそろう。

 「広域からの集客が見込めるアウトレットと、門真の足元商圏の日常消費に対応するららぽーとという二軸でトライアルを重ねていく。商業施設を作り続けるという中で、お客さまに(ハイブリッド型施設で)新しい刺激を提供する必要がある」と若林常務執行役員。初年度は年間1500万人の集客を見込み、売り上げ目標は460億円。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。