ビューティ

「ロクシタン」が豪クリーンビューティブランドを買収

 ロクシタン グループ(L'OCCITANE GROUP 以下、ロクシタン)はこのほど、オーストラリアのスキンケアブランド「グロウン アルケミスト(GROWN ALCHEMIST)」を買収した。買収額は非公開だが、業界筋によると5000万オーストラリアドル(約46億5000万円)を超えるという。

 オーストラリア・メルボルン発の「グロウン アルケミスト」はジェレミー(Jeremy)とケストン・ムイス(Keston Muijs)兄弟が2008年に創業。100%ナチュラルでビーガン、クルエルティーフリーな処方のスキンケアやインナーケア、ヘアケア、ボディーケアアイテムを手掛ける。ミニマルでジェンダーニュートラルなパッケージを特徴とし、ヘルスコンシャスな美容好きの間で人気が広まった。世界30カ国以上で展開し、研究施設をロンドンやパリ、スイス、スペイン、オーストラリアに構える。また、年平均成長率は30%と順調に事業規模を拡大している。ベストセラーはトリペプチド入りのリップトリートメントやオリーブの葉エキスを配合したクレンジングクリーム、シカ入りのアイクリームなど。

 ロクシタンは19年1月にイギリス発のスパブランド「エレミス(ELEMIS)」を約9億ドル(約1116億円)で、21年11月にはブラジル発のボディーケアブランド「ソル デ ジャネイロ(SOL DE JANEIRO)」を買収した。そのほか現在グループ傘下に「ロクシタン(L'OCCITANE)」、ブラジル発の「ロクシタン オー ブラジル(L'OCCITANE AU BRESIL)」、オーガニックブランド「メルヴィータ(MELVITA)」、Kビューティブランド「エルボリアン(ERBORIAN)」、米発メイクアップブランド「ライムライフ バイ アルコーン(LIMELIFE BY ALCONE)」、自社スタートアップ「デュオラボ(DUOLAB)」を抱える。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“衣食住働遊”を掲げ、5年で売上2.5倍! 躍進するスノーピークの秘密

5月23日発売の「WWDJAPAN」は、スノーピーク特集です。アウトドアメーカーとして知られる同社は、今最も勢いのある企業のひとつ。コロナによる自然回帰の流れもあり、2021年12期の売上高は過去最高の257億円を達成し、ここ5年で2.5倍に成長しています。キャンプ道具だけでなく、アパレルや住まい、温浴施設、オフィス開発など、“衣食住働遊(どう・ゆう)”を掲げた多様な事業でアウトドアの価値を発信し…

詳細/購入はこちら