ファッション

しまむら過去最高業績を更新 22年2月期、MD改革実る

 しまむらの2022年2月期連結決算は、売上高が前期比7.6%増の5836億円、営業利益が30.0%増の494億円、純利益が同35.4%増の354億円だった。全ての項目で過去最高を更新した。

 売上高の7割以上を占める「ファッションセンターしまむら(以下、しまむら)」業態では、プライベートブランドの好調などに既存店売上高は同7.1%増になった。「しまむら」業態は1店舗あたりの売上高が3.1億円となり、コロナ前の20年2月期に比べて9.6%上昇した。「しまむら」業態の営業利益率は20年2月期に比べて3.2ポイント増の10.0%になった。増収に加えて、短期生産の活用、仕入れと在庫の機動的なコントロール、レジ割引きの抑制などによって粗利益率が改善され、利益水準を押し上げた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら