ファッション

カニエ・ウェストが「ジョーダン ブランド」とのコラボを希望?

 カニエ・ウェスト(Kanye West)改めイェ(Ye)が、自身のインスタグラムに「ジョーダン ブランド(JORDAN BRAND)」のジャンプマンロゴを突然投稿して話題を集めている。

 今回の画像は、マイケル・ジョーダン(Michael Jordan)の次男でセレクトショップ「トロフィールーム(Trophy Room)」を主宰するマーカス・ジョーダン(Marcus Jordan)が、音楽プロデューサーのDJキャレド(DJ Khaled)と共にイェとミーティングを開きたいとコメントした直後に投稿された。一見すると「ジョーダン ブランド」や彼らとのコラボを示唆、もしくは希望しているようだが、現在のイェとアディダス(ADIDAS)との関係性を考えると実現の可能性は低いだろう。

 イェは、2009年から13年までナイキ(NIKE)とパートナーシップ契約を結んでいたものの、デザイン料の問題で確執が起きたことから15年にアディダスに鞍替え。すぐにコラボコレクション“アディダス + カニエ・ウェスト(ADIDAS + KANYE WEST)”を立ち上げ、現在に至るまで人気スニーカー“イージー ブースト 350 V2(YEEZY BOOST 350 V2)”などのアイテムを継続的にリリースしてきた。しかし、彼は未だにナイキへの思いを捨てきれないのか、街中やSNSで同社のアイテムを着用している姿が見られている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

異業種・同業種のタッグが加速! ビューティ業界サステナ事情

5月30日発売の「WWDJAPAN」は、「“連携・連帯”でサステナビリティを推進する化粧品業界」を特集します。サステナビリティ経営が必須となる今、化粧品業界でも環境への配慮や社会貢献などの動きが活発化しています。その中で、切磋琢磨する企業がサステナブル領域でアライアンスを組むなど“連携・連帯”が加速し、課題解決に乗り出す気運が高まっています。そこで本特集は“連携・連帯”をテーマに、同業者・異業…

詳細/購入はこちら