ファッション

「LV」に身を包んだBTSが表紙を飾る韓国版「ヴォーグ」と「GQ」をTSUTAYAが販売

 カルチュア・コンビニエンス・クラブは、ファッション誌「ヴォーグ(VOGUE)」と「GQ」の韓国版(ともに2022年1月号)を輸入し、代官山をはじめとする全国の蔦屋書店17店舗とSHIBUYA TSUTAYA、二子玉川 蔦屋家電など21店舗で販売する。二誌の表紙は、BTSがグローバルアンバサダーを務める「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」の服やアクセサリーを着用したもので、「ヴォーグ」が3バリエーション、「GQ」が8バリエーション用意され、21店舗では11種類を全て取り扱う。

 蔦屋書店は、「これまでも多くの問い合わせをいただきながら、日本では一般書店向けの流通が限られていた韓国の雑誌を、できるだけ国内の雑誌に近い条件で販売できないか模索してきた。二誌のスペシャルエディションの情報をつかみ、独自交渉し、直輸入による販売に至った」と話す。

 BTSは13年に韓国でデビューした7人組男性グループ。「2021 アメリカン・ミュージック・アワード(2021 American Music Awards)」で、大賞にあたる「アーティスト・オブ・ザ・イヤー(Artist of the Year)」をアジア人歌手として初めて受賞するなど、世界的アイドルとして認知されている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら