ファッション

「LV」に身を包んだBTSが表紙を飾る韓国版「ヴォーグ」と「GQ」をTSUTAYAが販売

 カルチュア・コンビニエンス・クラブは、ファッション誌「ヴォーグ(VOGUE)」と「GQ」の韓国版(ともに2022年1月号)を輸入し、代官山をはじめとする全国の蔦屋書店17店舗とSHIBUYA TSUTAYA、二子玉川 蔦屋家電など21店舗で販売する。二誌の表紙は、BTSがグローバルアンバサダーを務める「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」の服やアクセサリーを着用したもので、「ヴォーグ」が3バリエーション、「GQ」が8バリエーション用意され、21店舗では11種類を全て取り扱う。

 蔦屋書店は、「これまでも多くの問い合わせをいただきながら、日本では一般書店向けの流通が限られていた韓国の雑誌を、できるだけ国内の雑誌に近い条件で販売できないか模索してきた。二誌のスペシャルエディションの情報をつかみ、独自交渉し、直輸入による販売に至った」と話す。

 BTSは13年に韓国でデビューした7人組男性グループ。「2021 アメリカン・ミュージック・アワード(2021 American Music Awards)」で、大賞にあたる「アーティスト・オブ・ザ・イヤー(Artist of the Year)」をアジア人歌手として初めて受賞するなど、世界的アイドルとして認知されている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。