ファッション

H&Mジャパン、10月からEC購入商品のパッケージでプラスチック廃止

 H&Mジャパンは10月1日から順次、自社ECの商品発送時に使用してきたプラスチック製の包装やパッケージを廃止する。プラスチックに代えて、適切に管理された森林からの生産品を表す、FSC認証を得た紙製のパッケージを導入。H&Mはグループ全体として、2025年までに自社製品に使用する全ての包装・パッケージをリユース、リサイクルが可能なもの、もしくは堆肥化が可能なものへと切り替えるという目標を掲げている。今回の取り組みもその一環。

 導入する紙製の包装・パッケージに使用する紙はコーティングなどを施していないため、「容易にリサイクルでき、循環させることが可能」とH&Mジャパンはコメントしている。「世界的にECでの買い物が増加し、それに伴って包装のプラスチック廃棄物が増加している今、よりサステナブルな包装、パッケージを見つける必要性が高まっていた」。

 今回紙製の包装・パッケージを導入するのは外袋で、引き続き内袋はプラスチック製を使用する。内袋についても、グループとして25年に掲げている目標に向けて、「プラスチックの代替となる解決策を早急に見つけることに引き続き取り組んでいく」という。

 H&Mジャパンは他国のH&Mと同様に、店頭で使用する買い物袋については、18年以降プラスチック製から紙製に切り替え、有料化してきた。それによりバッグを持参する客が増え、20年の買い物袋消費量は前年に対し59%削減できたという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら