ファッション

学生×企業による座談会(下) 次世代に見せたいファッションの未来は?

有料会員限定記事

 近年、環境や社会問題に強い関心を抱くZ世代といわれる若者の存在感はますます大きくなるばかり。若者たちはファッション業界のサステナブルをどう考え、どのような企業姿勢に共感するのだろうか。そこで「WWDJAPAN」は学生団体と、サステナビリティに真摯に取り組む企業を招待してオンライン座談会を開催した。「Z世代」「若者」「学生」という言葉で区分するのは簡単だが、その中でも考えや意識は十人十色。それぞれのファッションやサステナビリティへの意識を2回に分けてお届け。

 後半では、企業に「次世代に見せたいファッションの未来」を語ってもらい、学生からは「企業やブランドに期待すること・求めること」を聞いて、共に向かう未来について語り合った。(この記事はWWDジャパン2021年9月20日号からの抜粋に加筆をしています)

本田:団体に入りサステナについて発信してから、注目を集める機会が増えました。発信も、サステナブルな活動の一つですよね?サステナビリティについて学んでいる私たちでさえ、今回のような機会は貴重。知る機会が増えたら、って思います。

H&Mジャパン 山浦誉史サステナビリティ・コーディネーター(以下、山浦)私たちも学生と直接話し、ダイレクトな意見をいただけるとうれしいです。一緒に考えられる場所があるといいですね。

WWDJAPAN(以下、WWD):藤田さんは、Z世代の社会人。企業として取り組むようになって、サステナビリティに対する考え方は変わりましたか?

ロンハーマン 藤田トラヴィス恭輔サステナビリティ実行部マネジャー(以下、藤田):企業の側に立って、次の世代、子どもたちの世代への責任感が増しました。責任の一環として、今は自社商品の生産背景を把握したいと思っています。まだ取り組めていない企業も多いのではないでしょうか?サプライチェーンは、複雑です。でも「何を作って、何を販売しているのか?」を知ることは、自分を知ること。それを可視化して、分かりやすく面白い形で発信することが大事だと思っています。

松本:僕含め友達の多くは最近、フリマアプリで洋服を買うことが多いです。自社の商品が2次流通で売られていることについてどう思いますか?

山浦:商品がどのような経緯をたどって売られているかが気になります。買ってすぐ転売されていると、やはりモヤっとすることはあります。ただ中古市場で売られるということは、商品が循環している証拠です。開発の段階で、リセールできる商品かどうかを基準にして耐久性・品質をチェックしています。

藤田:「H&M」の山浦さんと同じく、転売目的だとブランド価値への影響もあるので、複雑な思いです。ただ、古着の需要の高さを考えると、ファッション業界でも自社の古着ビジネスを模索する企業が増えていくと思います。フリマアプリで売られるより、自分たちでリセールしてしまった方が明らかに効率的です。

山浦:皆さんは学生の中でも、ファッション感度も環境意識も高い人たちだと思いますが、サークル以外の場所でも友人らとサステナビリティについて話すことは多いんですか?

この続きを読むには…
残り1706⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら