ビューティ

アイスタイル21年6月期は赤字縮小 韓国最大規模の化粧品口コミサイトを子会社化

 「アットコスメ(@COSME)」を運営するアイスタイルの2021年6月期連結決算は、売上高が前期比1.3%増の309億円、営業損益が6億円の赤字(前期は23億円の赤字)、経常損益が7億9500万円の赤字(同24億円の赤字)だった。ビューティサービス事業のECの業績貢献やグローバル事業をはじめ各事業における徹底した収益性改善により、赤字額を約17億円縮小した。海外における投資有価証券売却益17億円など特別利益18億円を計上したため、純利益は3億7900万円と黒字(同50億円の赤字)に転換した。

 事業別では、「アットコスメショッピング(@COSME SHOPPING)」や「アットコスメストア(@COSME STORE)」、大型旗艦店「アットコスメ トーキョー(@COSME TOKYO)」の運営など国内の小売業を中心としたサービスで構成するビューティーサービス事業では、「アットコスメ トーキョー」を除いた既存店舗が収益性改善により黒字を維持し、さらにECイベント「アットコスメ ビューティ デイ(@COSME BEAUTY DAY)」の寄与、MD強化やキャンペーン施策がけん引し、売上高が同19.3%増の182億円、営業損失が2億7100万円(同6億8500万円の赤字)と赤字幅が縮小した。

 「アットコスメ」を中心としたサービスで構成するオンプラットフォーム事業の売上高は同9.6%減の69億円、営業利益は同10%増の13億円だった。メーカー側の予算の保守化が継続していることを受け、広告・ソリューションサービスが落ち込んだものの、ブランド向けのマーケティングサービス「ブランドオフィシャル」が伸長した。グローバル事業では、マレーシアのEC運営会社の譲渡や台湾4店舗の閉鎖などが影響し、売上高が24.5%減の46億円、営業損失が1億5700万円(同7億8900万円の赤字)だった。

 吉松徹郎社長兼最高経営責任者(CEO)は、「ようやく、メディアの『アットコスメ』からEC『アットコスメショッピング』の流れが定着し、結果につながり始めてきた。また、ECと店舗を併用することによる顧客体験の向上が成果に現れている。来期では、プラットフォームの連携を強化し、ECのさらなる成長を目指す」と意気込む。22年6月期の業績予想は、収益部門であるオンプラットフォーム事業とビューティサービス事業のECに注力し、売上高が同26.7%増の392億円、営業利益が5億円、経常利益が4億円、純利益が同20.9%減の3億円を見込む。

 なお、同社は、海外において中長期的なプラットフォームの構築を目指し、19年4月から資本業務提携している韓国のGlowdayz(グロウデイズ)社の子会社化を16日の取締役会で決議した。取得額は8億5500万円で、8月31日に手続きが完了する予定だ。Glowdayz社は、韓国最大規模の化粧品口コミサイト「GLOWPICK」を運営し、アイスタイルのメディア、EC、店舗と親和性が高いとしている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら