ファッション

老舗ランジェリーメーカーが作る、下着いらずの服 新宿ルミネ2に直営店

 女性用下着企画・製造のMIC(神奈川県厚木市、神崎淳志社長)はこのほど、アパレルブランド「ナイスナイス モーメント(NICENICE MOMENT)」を立ち上げ、ルミネ新宿2に直営店をオープンした。16日には公式ECも立ち上げた。アンダーウエアメーカーの知見を生かし、下着なしでも快適に過ごせるカップ付きのトップスを主力商品にする。自宅での着用と、ツーマイル(約3km)程度のちょっとした外出も想定した、快適性とデザイン性を兼ね備えた日常着を提案する。

 スタート時のラインアップは全12型。セール販売を行わず、定番アイテムをシーズンごとに増やしていくビジネスモデルで過剰生産を防ぐ。価格帯はチューブトップやタンクトップなどのトップス、ワンピースなどで税込1万1000〜2万4200円、パンツが同1万5400〜1万6500円。

 MICは1939年創業の老舗下着メーカー。近年はインナーウェアだけでなく、アパレル企業向けに、需要の高まるカップ付きアパレルのODM・OEM生産を手掛けてきた。「ナイスナイス モーメント」では、その知見を活用。トップスのカップ部分には、フィット感が高くてアウターにも響きにくい、自社開発の“モールドカップ”を採用した。また、背中側までインナー生地をつなげることでバストがずれることを防いだり、バストに当たる部分は通気性のある生地を使って蒸れを防いだりと、下着専業メーカーならではの細やかな気配りを施した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら