ファッション

下着や“量産型”ファッションが人気 渋谷109の21年春夏好調ブランド

有料会員限定記事

 若者の街、渋谷の象徴ともいえるファッションビルが渋谷109だ。今年から「若者ソリューションカンパニー」を掲げ、商業施設の運営だけにとらわれないマーケティングカンパニーへと脱皮を図っている。Z世代のインサイトをリサーチする「渋谷109ラボ」も含めて、多様化した若者に積極的にアプローチし、手応えを得ている。7月から現職の丸山康太SHIBUYA109エンタテイメント 運営事業部 店舗運営部長 SHIBUYA109総支配人に聞いた。

WWD:1〜6月の商戦を振り返ると?

丸山:前年は3月くらいからコロナの影響が出始め、4月4日から5月末まで休館。前年同月比でいうと、1〜3月は前年に及ばず、4月、5月は比較しようがない。6月は入館者数は上回ったものの、客単価が落ち込んだのと、前年6月はリベンジ消費があったこともあり、前年には届かなかった。まだまだお出掛け需要が戻って来ないのと、7月のセール前の買い控えもあったと思う。予算に対しても厳しい商戦だった。7月のセールは非常に好調に推移している。

この続きを読むには…
残り1338⽂字, 画像4枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。