ファッション

渋谷109が“プライド月間”に七色のディズニーアイテム、「ジェイダ」「ダズリン」などで販売

 ファッションビル「渋谷109」「マグネット バイ 渋谷109」は6月18日から、ディズニーのキャラクターグッズをプリントしたアイテムを販売する。LGBTQ+を支援する6月のプライド月間に合わせたプロジェクト「シブヤ・プライド・マンス(SHIBUYA PRIDE MONTH)」と位置づけ、アイテムの販売に加え、館内外で性別にとらわれないスタイリングによるキャンペーンビジュアルを掲出するほか、オンラインイベントの配信も実施する。今年4月にSHIBUYA109エンタテイメントの社長に就任した石川あゆみ社長は「Z世代が強い関心を寄せるダイバーシティやサステナビリティーを、渋谷109らしい切り口で積極的に発信したい」と述べており、そうした思いを反映した形だ。

 同プロジェクトに参加するのは、 「ジェイダ(GYDA)」「スパイラルガール(SPIRALGIRL)」「ダズリン(DAZZLIN)」「パニカムトーキョー」「エージェムナイン(A'GEM/9)」の5ブランド。展開アイテムは米ディズニー社のLGBTQ+の支援プロジェクト「ウォルト・ディズニー・カンパニー・プライド・コレクション(THE WALT DISNEY COMPANY’S PRIDE COLLECTION)」として、“ディズニー”や“スターウォーズ”のロゴを七色に彩ったプリントTシャツなど、「ディズニー」「ピクサー」「マーベル」「スタウォーズ」などディズニー社のロゴやキャラクターをモチーフにしている。また、同アイテムを購入するとオリジナルのマルチケースをプレゼントする。

 キャンペービジュアルはクリエイティブディレクターの五十嵐LINDA渉とコラボレーション。モデルにファッションモデルのNANA TAKAGIやROY、琴奏者のASUKAや現代美術家の磯村暖らを起用し、ダイバーシティを視覚化した。オンラインイベントでは6月18日に渋谷109の8階のライブスタジオ「ハチスタ」でトークイベントを生配信する予定。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら