ビューティ

パンテーンが“ヘアサロン向けLGBTQ+フレンドリーマニュアル”を公開 賛同サロンの本格募集を開始

 P&Gが展開するヘアケアブランド「パンテーン(PANTENE)」は、“あなたらしい髪の美しさを通じて、すべての人の前向きな一歩をサポートする”というブランド理念のもと、“ヘアサロン向けLGBTQ+フレンドリーマニュアル”を特設サイトで公開した。

 「パンテーン」は、これまでブランドメッセージ“#HairWeGo さあ、この髪でいこう。”のもと、ひとりひとりの個性について考えるきっかけ作りを、キャンペーンを通して展開してきた。昨年10月からは、就職活動において自分を偽らずに、自分らしさを表現できることを願うプロジェクト“#PrideHair”を始動。さらに12月から新たに、ひとりひとりの個性に寄り添うヘアサロンを日本全国へと広めていく“#PrideHair サロン”プロジェクトを立ち上げた。

 “#PrideHair サロン”プロジェクトの一環として、同ブランドが行ったLGBTQ+当事者と美容師との共創ワークショップや、SNSで届いた声をもとに完成させたのが“LGBTQ+フレンドリーマニュアル”だ。LGBTQ+に関する基礎知識から、店舗の設備や接客の心得などをLGBTQ+当事者の体験談とともに紹介している。

 マニュアルには“完全版”と“スマートフォン用簡易版”がある。スマートフォン用簡易版は完全版の一部抜粋で、全国のヘアサロンのスタッフが、スマートフォンで手軽に閲覧できる仕様になっている。

 また“ヘアサロン向けLGBTQ+フレンドリーマニュアル”の公開と併せて、“#PrideHair サロン”プロジェクトへの賛同サロンの募集も本格的に開始した。賛同サロンになった場合は、“ヘアサロン向けLGBTQ+フレンドリーマニュアル”の送付、およびプレスリリースやサイトで“賛同サロン”としてサロン名を掲示する。なお先着1000店舗のヘアサロンには、冊子化したマニュアルに加え、“LGBTQ+フレンドリー”を表明するオリジナルアイテムを送付する。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら