ファッション

菅付雅信連載「不易と流行のあいだ」 ノンバイナリーなカナリアたち

有料会員限定記事

 ファッションという「今」にのみフォーカスする産業を歴史の文脈で捉え直す新連載。17回目は多様化する性の在り方を考察する。編集協力:片山マテウス、この記事はWWDジャパン2020年9月14日・21日号からの抜粋です)

 最近事務所でヘビーローテーションしている音楽に、アルカの7月31日にリリースされた新作アルバム「キック・ワン」がある。「彼女」はベネズエラ出身ロンドン在住のミュージシャン。2014年にデビューし、早くからカニエ・ウェストやビョークらにその才能を絶賛され、FKAツイッグスなど新世代アーティストからも絶大な支持を集めている。今作では御大ビョークも参加し、見事な美声を披露した。なぜカッコ付きで「彼女」と記したかというと、アルカはノンバイナリーのトランスジェンダーだからだ。ノンバイナリーとは、性自認が男性・女性の典型的な二分法(バイナリー)に当てはまらない人々のこと。アルカの場合は本人が代名詞として「彼女/SHE」を選択しているという。米国の権威ある辞書「メリアム・ウェブスター」が19年の「今年の言葉」に単数形の「THEY」(ノンバイナリーへの配慮として用いられる性別を問わない代名詞)を選出したこともニュースになった。「彼」でも「彼女」でもない性が辞書で新たに定義されたのだ。

 そして、アルカは、今作で注目の新人アーティスト、ソフィーと共演している。「彼女」はスコットランド出身のトランスジェンダー・アーティスト。「ルイ・ヴィトン」20 年春夏コレクションの巨大なショー会場に投影された、性別を超越した「彼女」が歌う姿は、大きな話題を集めた。

この続きを読むには…
残り2432⽂字, 画像4枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら