ビューティ

「アットコスメ」2021年上半期ベストコスメ大賞は「キャンメイク」のスクラブリップ “近所で手軽に買える”アイテムがヒット

 アイスタイルは10日、「アットコスメ(@COSME)」の2021年上半期新作ベストコスメを発表した。総合大賞に選ばれたのは「キャンメイク(CANMAKE)」の“プランプリップケアスクラブ”。プランパーとスクラブのWケアを低価格帯で実現し、マスク生活で生まれた新たな唇悩みに寄り添えたことが幅広い支持につながった。同製品は当初限定品として販売していたが大きな反響を受け、今夏から定番化するという。総合2位は「スック(SUQQU)」のアイシャドウパレット“シグニチャー カラー アイズ”、3位は「KANEBO」の洗顔フォーム“カネボウ スクラビング マッド ウォッシュ”がランクインした。

 今回の上半期新作ベストコスメは、20年11月1日~21年4月30日の新製品が対象で、アイテム3839製品、口コミ件数6万9105件からカテゴリー別に選出した。同社によると、集計期間中に発売された新製品は前年比16%減で、企業側が新製品の発売に対して消極的だったと分析する。一方で全体の口コミ投稿数が同23%増に対し、新製品の口コミ投稿数は前年同期間と横ばい。新型コロナによる先行き不安や経済不安から、「安心感」を求める心理が高まった生活者は、新商品購入に対してやや消極的だったという。

 また、21年上半期の主な傾向として、新製品の説明文で「マスク」「崩れる」「こする」「ゆらぎ肌」「肌荒れする」「疲れる」といったワードの増加を挙げた。中でも製品説明文内の「マスク」という訴求ワードの出現率は前年比で約17倍と大幅に増加した。さらに、昨年の20年上半期では上位4位までがスキンケア製品で占めていたのに対し、今年はリップなどのメイクアップ製品がバランスよくランクイン。マスクありきのスキンケアやメイクが当たり前になった今、マスクニーズに対応した製品に加えて、新型コロナ感染拡大により外出が制限される中でも、ドラッグストアなど生活圏内で手軽に購入できる製品が支持を集めた。

「アットコスメベストコスメアワード 2021 上半期新作ベストコスメ」
1位「キャンメイク」“プランプリップケアスクラブ”
2位「スック」“シグニチャー カラー アイズ”
3位「KANEBO」“カネボウ スクラビング マッド ウォッシュ”
4位「セザンヌ(CEZANNE)」“ウォータリーティントリップ”
5位「マキアージュ(MAQUILLAGE)」“ドラマティック ヌードジェリー BB”
6位「エリクシール(ELIXIR)」“エリクシール ルフレ バランシング みずクリーム”
7位「我的美麗日記(私のきれい日記)」“復活草ハイドレーションマスク”
8位「フジコ(FUJIKO)」“フジコ ニュアンスラップティント”
9位「マキアージュ」“ドラマティックパウダリー EX”
10位「ディオール(DIOR)」“ディオールスキン フォーエヴァー クッション パウダー”

カテゴリー別アイテム賞
【スキンケア部門】

ベストクレンジング「KANEBO」“カネボウ インスタント オフ オイル”
ベスト化粧水「ベネフィーク(BENEFIQUE)」“リセットクリア N”
ベスト乳液「ナチュリエ(NATURIE)」“ハトムギ浸透乳液”
ベスト美容液「デュウ(DEW)」“DEW キャビアドットブースター”
ベストオイル「毛穴撫子」“お米のオイル”
ベスト日焼け止め「ニベア(NIVEA)」“ニベア UV ディープ プロテクト&ケア ジ ェル”
ベストまつげ美容液「ウズ バイ フローフシ(UZU BY FLOWFUSHI)」“UZU まつげ美容液”
ベストアイケア ポーラ「リンクルショット」“リンクルショット メディカル セラム”

【メイクアップ部門】

ベスト化粧下地「マキアージュ」“ドラマティックスキンセンサーベース EX UV+”
ベストリキッドファンデ「マジョリカ マジョルカ(MAJOLICA MAJORCA)」“ミルキーラッピングファンデ”
ベストクッションファンデ「NARS」“ピュアラディアントプロテクション アク アティックグロー クッションファンデー ション SPF50+/PA+++”
ベストコンシーラー「コスメデコルテ(DECORTE)」“トーンパーフェクティング パレット”
ベストハイライト・シェーディング「レブロン(REVLON)」“スキンライト プリズマティック ハイライター”
ベストフィックスミスト「d プログラム(D PROGRAM)」“アレルバリア ミスト N”
ベスト単色アイシャドウ「エレガンス(ELEGANCE)」“レヨン ジュレアイズ N”
ベストアイライナー「キャンメイク」“3way スリムシェードライナー”
ベストマスカラ「アイプチ(EYEPUTTI)」“ひとえ・奥ぶたえ用マスカラ”
ベストアイブロウ「キャンメイク」“パーフェクトエアリーアイブロウ”
ベストリップスティック「オーブ(AUBE)」“タイムレスカラーリップ”
ベストチーク「アディクション(ADDICTION)」“チーク ティント”
ベストマルチパレット「トワニー(TWANIY)」“タイムビューティパクト”

【ボディーケア・ヘアケア・美容家電ほか部門】

ベストボディケア「エクスバリア(X-BARRIER)」“エクスバリア”
ベストデオドラント「ニベア」“デオプロテクト&ケア スプレー プレシャ スサボンの香り”
ベストハンドウォッシュ・ケア「アユーラ(AYURA)」“アユーラ”
ベストハンドクリーム「SHISEIDO」“アルティミューン パワライジング ハンド クリーム”
ベストネイル「アナ スイ(ANNA SUI)」“ネイルカラー”
ベストフレグランス「コスメデコルテ」“キモノ ユイ オードトワレ”
ベストヘアケア「パンテーン(PANTENE)」“UV カット ヘアオイル”
ベストヘアスタイリング「ザ・プロダクト(PRODUCT)」“ヘアワックス ネロリ”
ベスト美容グッズ「フーミー(WHOMEE)」“アイブロウブラシ 扇型 熊野筆”
ベスト美容家電「ミーゼ(MYSE)」“スカルプリフト”
ベスト日用品「コーセーコスメニエンス」“アレルテクト ミスト”

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら