ファッション

ミラノの街はどう変わった? 2022年春夏メンズコレ現地突撃リポートVol.1

 2022年春夏シーズンのコレクションサーキットが本格開幕した。ほぼデジタル発表だった前シーズンから世界の状況は少しずつ好転し始めており、リアルでのショーやプレゼンテーションを開催するブランドが増えた。パンデミックを経て街はどう変化し、ファッション・ウイークはどう進化しているのか。現地からリポートする。

 みなさん、こんにちは。ライターの井上エリです。日本から海外への渡航がまだまだ簡単ではないため、2022年春夏メンズ・ファッション・ウイークの取材は、パリ在住の私が担当することになりました。みなさん、「WWDJAPAN」のファッション・ウイーク取材の日記を楽しみにしていますよね?私もそうでした。いつもは読む側でしたが、今シーズンは初めて書く側として、ショーや展示会、ミラノの街の様子をリポートします。今季は1人での取材なうえに日記も初挑戦ということで、楽しみと同時に緊張感が……どうぞお手柔らかに!温かい目で日記を楽しんでもらえるとうれしいです。

 ミラノ・メンズ初日ははりきって午前5時に起床し、体温36.2度でコンディション万全。早朝の便でパリからミラノに入りしました。最高気温は33度で、終日曇りで蒸し暑い!現在、欧州圏内の移動はワクチン接種or48時間以内のPCRテスト陰性結果を提示することで通常通り往来できます。とはいっても、搭乗の際や空港到着時に書類の提示を求められることはありませんでした。結構ルーズじゃーんと思いきや、街中でのマスク着用率は100%!しっかりしてる。ショップやホテル、レストラン入口では体温測定が必須でした。

12:00 トッズ

 最初の取材場所は「トッズ(TOD'S)」の展示会場です。今季の雰囲気は“伊達男のサファリパーク”という感じ。何のこっちゃという感じですが、クリエイティブ・ディレクターのヴァルター・キアッポーニ(Walter Chiapponi)は、20世紀を代表するアメリカ人フォトグラファーのピーター・ビアード(Peter Beard)から着想を得たそうです。このビアードがすごい。1960年代にケニアの国立公園で動物管理の仕事を手伝いながら、アフリカ野生動物の姿を捉えた写真で一躍有名となった人物です。70年代にニューヨークに戻ると、派手な女性関係やドラッグでプレイボーイとしてもその名が知られるようになりました。すなわち、“優雅で野蛮なダンディ”というワケ。

 今季はレジャーでの快適さを重視し、“軽い”ことが最大のポイントです。ブランドの要であるレザーはアウターのディテールに取り入れつつ、大部分はナイロン素材が占めています。新作スニーカーやレジャーバッグも、ナイロンとレザーの組み合わせ。"ドットスニーカー"という名の新作は、ソールの突起が通常のシューズよりも大きく、軽さと安定感を高めたスニーカーだそうです。全体はカーキやサンドカラーの淡い色彩に、パキッと映えるブルーやレモンイエローを差し込むキアッポーニらしい色使い。シーズンごとに新生「トッズ」の特徴がじわじわ出てきましたね。サファリ風のスポーティーなウエアには裸足にクラシックなローファーで、アーバン向けのスタイリング提案。“T”とライオンの横顔が描かれた新しいロゴも披露しました。

 コレクション映像の撮影は、トスカーナ地方にある近代的な建築物で撮影したのだそう。なだらかな丘の連なりとの調和するこの建築物は、なんとワイナリー。撮影地を巡る、次なる聖地巡礼の目的地候補に追加です!カメラバッグ風のショルダーバッグや、内ポケットがたくさん付いた機能的なサファリジャケットをもしも彼氏が持っていたら、「私も共有したーい」と妄想を膨らませながら展示会場を後にしました。

13:00 レストランは簡易テラスで営業

 次のアポイントメントまで時間があったので、30分ほど徒歩移動。「トッズ」の現地担当者が「ロックダウンの緩和でテラス席のみの営業が認められたから、多くのレストランが簡易のテラス席を設けてるわよ」と話していた通り、路上パーキングスペースやちょったした広場がテラス席化していました。ただし、観光客がまだまだ少ないこともあって、土曜のランチどきでも空席が多かったです。ミラノ屈指のショッピングストリートであるモンテ​ナポレオーネ通りも人通りは少なめ。新しいお店は増えていませんが、閉店したお店もほとんどないようで、政府からの補助金のおかげでパンデミックをなんとか乗り切った企業が多いのでしょうか。

14:00 ピーティー トリノ

 街を散策して到着したのが「ピーティー トリノ(PT TORINO)」のプレゼンテーション会場。「メンズにおいて最も重要なアイテムはパンツ」というコンセプトのもと、イタリア・トリノに2008年に誕生したパンツ専業ブランドです。今季からアパレル生産をスタートさせ、会場には9ルックが並んでいました。ニットやジャージー、シャツ、アウターといった定番アイテムがラインアップ。まあ、無難なクラシックといった印象です。薄手のウール素材のピンストライプのパンツは伸縮性があり軽量で、センタープレス入りのきれいめなワイドパンツや、ホワイトデニムにハンドペイントが施された丈長めのジーンズなど、バリエーション豊富なパンツにやはり目がいきます。CEOのエドアルド・ファッシーノ(Edoardo Fassino)は「ブランドの本質的な価値を失うことなく、“クラシック”を進化させ、現代的にバージョンアップさせることが今季のコンセプト」と説明してくれました。パンツのシルエットがとても美しいので、アパレルもシルエットを強調して引き立て合うと個性が出てくるのかなと、今後に期待しましょう。

15:00 ブルネロ クチネリ

 お次は、「ブルネロ クチネリ(BRUNELLO CUCINELLI)」のプレゼンテーションです。デジタル発表した映像は41秒と超ショート。今季は“Simplicity in Elegance(エレガンスの中のシンプルさ)”をテーマにしています。もう、まさに直球ど真ん中のザ・イタリアン・エレガンスで美しい!肌触りの良いリネンやコーデュロイといった、さまざまな素材を使ったタイトなジャケットが大豊作です。それらにリラックスシルエットのスラックスやジーンズ、カーゴパンツを合わせてコントラストを利かせています。ポロシャツやダウンベスト、膝丈ショーツを合わせたルックも、スポーティーでありながらエレガンスな「ブルネロ クチネリ」らしいスタイル。デザインや装飾は控えめなので、素材感の良さが際立ちますね。白とベージュを基調に、ネイビーやカーキを織り交ぜながら、上質素材と繊細な色のニュアンスを楽しんでもらおうという提案でした。旅行用バッグやレジャーバッグ、カーフレザーのジュエリーボックス、ビューティケース、シガーケースといった小物も並び、早く旅行したいとワクワクさせてくれました。

16:00 フェンディ、ドルチェ&ガッバーナ

 次のアポイントメントまで時間があるので、一旦ホテルへ戻って原稿書き。途中、ホテル近くのカフェ「ビアンコラテ(Biancolatte)」でジェラートを買って涼みました。店名と同じ、ビアンコラテ味(超濃厚ミルク)が絶品なんです!告白しちゃいますが、私はジェラートが大好きです。ジェラートだけで十分な栄養が取れるなら、ご飯はジュラートだけでいいかも。今回の滞在中も何度か食べると思うので、箸休め的な感じでジェラートネタをお届けしますね。

 初日の主要ブランドは映像でチェック。「フェンディ(FENDI)」は、本拠地であるローマのイタリア文明宮で撮影した爽快な演出。気持ちのいいパステルカラーは、ローマの空の色彩にインスピレーションを得たようです。建築やアートを感じさせるクリーンなムードながら、超短い丈にカットされたテーラリングや水着の「アリーナ(ARENA)」とコラボレーションしたスイミングのゴーグルとキャップなど、ブランドらしいヒネりやユーモアも忘れません。

 そして「ドルチェ&ガッバーナ(DOLCE&GABBANA)」はギンギラが戻ってきました!最近はサルトリア仕立てのきれいなスーツやシチリアに思いを馳せたリゾートスタイルなど、以前よりもイケイケ感はやや薄まっていたのですが、今シーズンはすごい。眩しい。きらびやか。“DG LIGHT THERAPY”というテーマの通り、手作業で刺しゅうしたクリスタルがあらゆるアイテムに輝きます。いよいよ外を出歩ける!といった街の喜びと呼応するように、パワフルでエネルギーに溢れていました。

17:00 スンネイ

 初日最後は「スンネイ(SUNNEI)」の展示会へ。元VMDとバイヤーという2人が、2015年に始動したイタリア発のブランド。設立当初から日本での売り上げが好調で、現在の主要マーケットは日本や韓国、中国とアジアが中心です。プレス担当が「イタリアの独立系ブランドが日本で人気があるって珍しいでしょ?」と言っていて、確かに!と思いました。メインコレクションは2月と9月に発表しており、今回は昨年6月に立ち上げた新ライン“キャンバス(Canvas)”の3シーズン目のプレゼンテーションでした。同ラインのコンセプトは“カスタマイズ”で、ウエアやバッグ、ジュエリーの基本となる各モデルに素材や色、柄を自由に選べるシステム。カスタムの種類が豊富なだけに、バイヤーのセンスの見せどころですね。ユニセックスで、ウエアもシューズも幅広いサイズを用意しているとのこと。

 今年7月にはミラノ市内にラジオ放送局を設け、24時間年中無休でストリーミング配信する「ラジオ スンネイ(Radio Sunnei)」という新たなプラットフォームを開設予定。またホームウエアやベッドリネン、小物雑貨の展開に向けてプロジェクトが進行中だと教えてくれました。一時期の注目度に比べるとやや伸び悩んでいる印象でしたが、ライフスタイルブランドへのシフトチェンジで飛躍なるか。帰り際にマスクをくれたので、今季ゲットした最初のマスクとなりました。ただ着け方がさっぱり分かりません。ひもを後ろで結んでもすぐ取れてしまうので、横にブラブラさせるのが正解なの?なにはともあれ、意欲的に進化する「スンネイ」でミラノメンズ初日は終了。明日も元気に取材します!

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら