ファッション

高級車「フェラーリ」がラグジュアリーファッションに本格進出 デザイナーを起用し初の大規模ショー

 イタリアの高級車メーカー「フェラーリ(FERRARI)」は13日、本拠地のイタリア・マラネッロで初のランウエイショーを行い、約2年をかけて刷新を図ってきたファッションラインを披露した。メンズやウィメンズ、キッズのウエアやシューズを6つのカプセルコレクションとして構成し、第1弾は14日に発売する。その後は来年6月までの年間を通して、新たに開く直営店や公式オンラインストアで順次販売する。価格帯はアウター1500〜2000ユーロ(約20万〜26万円)、スニーカー600〜700ユーロ(8万〜9万円)、レザーグッズやアクセサリーは約1000ユーロ(約13万円)前後など。

 ファッションラインは同社が推進する“ブランド多様化プロジェクト”の一環で、ニコラ・ボアリ(Nicola Boari)最高責任者の指揮の下に始動。19年11月には「ジョルジオ アルマーニ(GIORGIO ARMANI)」で経験を積み、「パル ジレリ(PAL ZILERI)」のデザイナーを務めたロッコ・イアンノーネ(Rocco Iannone)が加わった。

 ショーに登場した52ルックは“流動性(fluidity)”を掲げ、車のように性別に捉われない服作りを意識したという。カーデザインやモータースポーツに着想した快活なムードを軸に、テーラリングやストリートウエアの要素を盛り込んだスポーティーなスタイルだ。タフな機能素材やペットボトルから再生したサステナブル素材などテキスタイルにこだわりながら、ビビッドな色使いや大胆な素材の切り替え、「フェラーリ」のロゴを再解釈したグラフィックを連打し、ファッション界への本格進出を強いクリエイションでアピールした。ショーにはイタリアのマリアカルラ・ボスコーヌ(Maria Carla Boscone)や美佳、マリーエル・ウチダ(Maryel Uchida)らトップモデルが多数出演。4月に立ち上げたインスタグラムのファッションアカウントでライブ配信し、リアルタイム視聴数は常時450〜500だった。

 今後はファッションに特化した店舗を世界に開く予定で、14日オープンのマラネッロを皮切りにミラノやローマ、ロサンゼルス、マイアミなど10前後の都市への出店を予定している。日本への出店は現段階で未定。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら