ニュース

「レクサス」がニューヨークにブランド発信拠点 青山、ドバイに続き3カ所目

 トヨタ自動車の高級車ブランド「レクサス(LEXUS)」は、ブランド体験スペース「INTERSECT BY LEXUS - NYC」をニューヨークにオープンした。青山、ドバイに続き、3カ所目となる。

 「INTERSECT BY LEXUS」は“都市とつながり、人と人、人とクルマが交わる”をコンセプトに、「レクサス」ブランドの活動を発信する拠点となる。新たにオープンするNYのスペースは、トレンドエリアであるミートパッキング地区に位置。総面積約1532平方メートルの3階建てで、これまでで最大の広さを誇る。空間デザインはこれまで同様、ワンダーウォール代表でインテリアデザイナーの片山正通が手掛けた。

 1階はカフェスペースの“CRAFTED FOR LEXUS”や、「レクサス」のコンセプトカーやインスタレーションの展示を行うエキシビジョンスペース“Garage”を併設する。2階にはレストランやカクテルバーラウンジ、3階にはイベントスペースを設けた。