ファッション

「アンリアレイジ」が「BMW i8」限定モデルとコラボ 色の変化を楽しむ特別コレクション披露

 ビー・エム・ダブリュー(以下、BMW)は7月28日、プラグイン・ハイブリッド・スポーツ・カー「BMW i8」の限定モデル“BMW i8 プロトニック・フローズン・ブラック(PROTONIC FROZEN BLACK)”の発表記念レセプションを東京・八重洲のショールーム「BMW グループ スタジオ(BMW GROUP STUDIO)」で開催した。“プロトニック・フローズン・ブラック”は国内20台限定で販売。同レセプションのために、ブラック・ホイール仕上げを施した特別仕様モデルを展示した。

 また、森永邦彦による「アンリアレイジ(ANREALAGE)」が“プロトニック・フローズン・ブラック”からインスピレーションを受け、新作“リフレクト・フローズン・ブラック(REFLECT FROZEN BLACK)”コレクションを披露。マットブラックな車体に合わせ、同コレクションにも光に反射してBMWのベーシックカラーである赤、青、黄、白が表れる特殊な加工を施したマットな黒い生地を採用した。招待客はカメラやスマホのフラッシュをオンにして撮影し、色の変化を楽しんだ。

 「アンリアレイジ」の森永デザイナーは本コレクションについて「マットな黒というのは光を吸収してマットになる。マットな黒に光をどう反射させるかというのをテーマに服を作成した」と話す。一方でペーター・クロンシュナーブルBMW日本法人社長は「車も服もテクノロジーを駆使した実験的な素材を使用していて、パーフェクトマッチだ」と「アンリアレイジ」とのコラボについて説明。また森永デザイナーについて、「将来の日本におけるスターの一人になると確信している」と語った。

 BMWと「アンリアレイジ」のコラボは2016年7月のBMW創立100周年記念パーティー以来、2回目になる。

 なお、BMWは同ショールームで「BMW i8 Protonic Frozen Black x ANREALAGE 特別展」を7月29日~8月10日の期間で開催。この日お披露目された特別仕様車と「アンリアレイジ」のコレクションなどが展示される。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら